FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ラッセル初日

2012年11月25日(日)

オロフレ峠は夜間通行止めに入ったので、カルルス温泉ゲート開門9時に合わせ家を出る。



2012-11-25_09-28-28.jpg
展望台入口に駐車スペースを設けるため除雪に20分。
氷のブロックが混じっていたため時間が掛かった。


2012-11-25_10-18-20.jpg
積雪30cm~50cm。
重めの乾雪でラッセルがキツイ。


2012-11-25_11-15-30.jpg
まだ使えそうな夏の登山道に入る。
登山道を遮る枝垂れた潅木が多かった。


2012-11-25_12-10-26.jpg
先週、すんなり通れた所も被さってきた。
この潅木もいずれ埋まり、ここはただの斜面になる。


2012-11-25_12-15-28.jpg
B沢左股の抜け口に出た所で時間は12時15分。
ここから下山して車到着が14時頃になる。
頂上は遠し・・・撤退。




毎年今頃の夏道ルートはラッセルが深く時間的に頂上へ行けない。
しかしラッセルが結構な運動量になるのでこのパターンは嫌いではない。

冬山の始まり

2012年11月18日(日)

早朝に起きて外を見ると雨が降っている。
山は雪だろう・・・

カルルス温泉を過ぎ、峠への登りに入ると雪道路になってきた。



2012-11-18_06-47-52.jpg
積雪5cmになっていたゲートから展望台(登山口)に向かって歩く。


2012-11-18_07-25-34.jpg
後半は北西の風に背中を押されながら展望台に着いた。


2012-11-18_07-44-50.jpg
B沢左股の向こうに見える壁もうっすら見えるだけの視界。


2012-11-18_08-09-50.jpg
枝に着いた雪をピッケルで叩き落としたり、その下をくぐったりしながら登山道を進む。
積雪は10~20cmくらい。


2012-11-18_09-06-44.jpg
少し湿った雪に濡れながら頂上に着いたが・・・。



下山に入り1003P付近から強風と雪で急激に冷え込んできた。
道路上の雪は倍の10cm位に増え出し、全身バリバリ凍ったまま車に着いた。

例年、初冠雪後一度は融けるのだが、今年はこのまま根雪になるだろう。

静寂のオロフレ山

2012年11月11日(日)

今日の天気予報は午前中まで晴れて、午後からは下り坂の模様。



2012-11-11_07-15-12.jpg
木々の葉が落ち、雪を待ってるだけのオロフレ山。


2012-11-11_07-32-36.jpg
展望台(登山口)まで2.5kmの道路歩きが始まる。
沢が雪に埋まり、登別・壮瞥ルートに入れるまで、このルートを行くしかない。


2012-11-11_07-59-44.jpg
近郊の山で冠雪しているのは羊蹄山だけ。


2012-11-11_08-07-40.jpg
ズームアップしてみると結構積もっている。
登ったら気持ち良いだろうなぁ~ と少し思う。


2012-11-11_08-54-46.jpg
遠くに見える日高の稜線も白く連なっている。(小岩峰基部から)


2012-11-11_09-26-42.jpg
良い天気です


2012-11-11_10-24-08.jpg
頂上で良かった天気も1時間経つと南西から雲が湧いてきた。(1003Pから)
来馬岳、1043P、カルルス山の頂は雲で切り取られている。



11月22日からオロフレ峠が冬期夜間通行止めに入る。
カルルス温泉ゲート開門が9時。
早発ち早着主義の私としては、辛い半年間が始まる。

山は雨・市街地は晴れ

2012年11月4日(日)

朝早めに山へ向かうと雨になっていることが多いので、今日は遅めに家を出る。
しかし展望台ゲートに着てみれば、風を伴った小粒の雨。
気温1度で雨に吹かれるのは好きじゃないので今日も中止。

2012-11-04_07-28-20.jpg


帰路、新登別温泉付近に下りると虹が出てきた。
虹の向こうの来馬岳頂上は見えるが、オロフレ山は雲の中。
2012-11-04_07-52-48.jpg



夏場は晴れの山から平地へ下りれば雨、というのが多かったが、今時期は逆。
早く雨の季節が終わり雪の季節がきてほしい、そう思う今日この頃である。

| ホーム |


 ホーム