FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その三

2013年2月28日(木)

2003年4月9日 2日目

昨晩は7番十楽寺の宿坊で相部屋となった方々と色々お話をした。
岐阜からの人は私と同じ初めての通し打ちで、他の人は2度目3度目の区切り打ちとのこと。

歩き遍路の先輩方曰く、「通し打ちできる人は恵まれているから出来るんだよ」
「健康・体力・気力・時間的余裕・資金・家族の理解」・・・確かに・・・。

続きを読む »

『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その二

2013年2月21日(木)

2003年4月8日 1日目

早朝、昨日と同じルートで徳島駅から高徳線に乗り、板東駅下車。
降りるとき真っ黒く陽焼けした青年が乗り込んで来た。八十八ヶ所を打ち終えて帰るのだろう・・・。
駅待合室の長い腰掛には座布団が敷き詰められており、たぶん野宿遍路のためだろうと思う。
トコトコと細い道路を歩き右に折れるとずっと向こうに寺の山門が見える。
一番霊山寺の境内に入って直ぐのベンチに座り、服装を整えながらお参りの作法を確認。


続きを読む »

『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その一

2013年2月16日(土)

03040711040023.png関西空港徳島駅行きバス乗り場

2003年4月7日 移動日

千歳空港から関空に飛び、高速バスで神戸・淡路島を経由して徳島駅。
駅から1kmほど歩き、ホテル白水園にチェックイン。
時間があるので下見を兼ねて徳島駅に戻り、高徳線の電車に乗り1番札所霊山寺に向かった。
霊山寺の隣にある門前1番街で遍路用品を購入。
金剛杖、白衣、山谷袋、線香、ローソク、納め札、納経帳など。
菅笠は風に煽られるとの情報が多かったので見合わせた。

『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』序章       しばらくの間、山行きを休みます

2013年2月16日(土)

しばらくの間、山行きを休むことになりました。

昨年秋から調子が良くなかった右耳鼓膜の手術を終え、医者から無理な運動は避けるよう申し渡されたからです。
重い疾病ではありませんが大事を取ってしばらくの間、山行きを控えます。
一年前、父親が他界した前後に山行きとブログを休んだおり(2011年12月3日~2012年2月18日)、理由を曖昧にしましたが今回は告知しました。


さて、山行き再開までブログの更新は続けたく、行動を伴わず継続できる題材は・・・?といえば10年前に
2003年4月7日~5月15日まで約1200kmを歩いた“四国遍路もどき”があります。

発心に宗教的意味、目的は全く無く、早期退職を機に
■長年に渡り運動をせずメタボになった体型を短期間で変えたい
■運動する習慣を身に付け長生きするため
というのが動機でした
※結果、体重78kg→68kgになって帰宅 現在69kg前後

札所(お寺)にて必須の「般若心経」は読まず「南無大師遍照金剛」を3回唱えて納経帳に朱印を頂く、というスタンプラリーの旅。
アップする写真は古い携帯電話で撮ったもので、枚数が少ない上、鮮明ではありませんが当時の行動表を元に、思い出しながら記述していきたいと思います。

サブタイトル 『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』

03042410560091.png雨降りの四万十川大橋








確か40代のころ、妻と樽前山登山口(7合目)へ景色を見に行き、何故か登り出したが置いて行かれ、頂上に辿り着けず下山した記憶があります。

事前トレーニングとして
・当時の虎杖浜温泉ホテル温水プールで1時間の水中ウォーキングを1週間行なう。
・自宅から札内、新登別大橋方面往復20kmのウォーキングを2~3回行い、少し自信を付けて四国に向かった。




明日の山行きは休みです

2013年2月9日(土)

明日の山行きは休みです

暖かくなってきましたね



休み及び中止のときにUPしています

“厳冬の利尻山”

東壁
バットレス
南稜
大槍
P2
ヤムナイ沢
マオヤニ沢
仙法志ローソク岩
仙法志第2稜

が美しい!
利尻山

峠通行止めにより来馬岳へ

2013年2月3日(日)

昨日の雨から一転して今日は冬型の荒れた天気。
7時40分頃、土現の携帯に電話を掛け聞くと、今日は終日オロフレ峠通行止めとのこと。
ということで来馬岳へ。


2013-02-03_08-48-08.jpg
道路情報掲示板には 【峠・吹雪通行止 開通未定】 と表示されている。

2013-02-03_08-48-08.jpg
登山口から見るゲレンデは時折吹雪模様。

2013-02-03_10-39-58.jpg
ゲレンデ上部(ダイナミックスコース)は新雪下を、キックステップを交えて登った。
5合目からワカンを着け、馬の背まで膝下ラッセル。
写真の6合目~7合目間にある馬の背は、北風の通り道のためクラスト気味で歩き易い。

2013-02-03_11-00-12.jpg
馬の背の終わりころから後続して来る登山者が見えていた。追い着かれ、サングラスを取った顔は、クッタラさんだった。
少し一緒に歩き、7合目で下山するクッタラさんと別れる。

2013-02-03_11-32-36.jpg
7合目上の緩斜面を過ぎ、急登が始まり出すと、膝上ラッセルが頂上まで続いた。いつもなら右側のアイスバーンにルートを取るが無かった。
写真は9合目。

2013-02-03_11-54-38.jpg
風雪強しの頂上。
即折り返し、風の弱い所で行動食を摂って下山。
9合目辺りでスキーを履いた登山者2名と行き交った。



冬のオロフレ峠通行止めで、来馬岳に変更したのは2年ぶりになる。
来馬岳の下山は登り返しがないので楽である。



| ホーム |


 ホーム