FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

冬季オロフレ山の始まり

2013年11月24日(日)

ようやっと平地が雨でも山は雪、という季節が来たようだ。
日の出前に家を出てオロフレ山に向かう。


0706_2013-11-24_06-39-58.jpg
展望台ゲート前は積雪20cmくらい。除雪無しで車を置けた。

0714_2013-11-24_07-57-58.jpg
ゲートから展望台(登山口)までの2.5kmは、靴跡がそっくり残るような重めの積雪だった。
ここ夏道登山口からは吹き溜まりがあると思われるのでワカンを着け登る。

0717_2013-11-24_08-19-48.jpg
1003Pから見る頂上稜線は初冬の雰囲気。

0721_2013-11-24_08-23-26.jpg
毎年の事だが、登山道に被さっている枝垂れ氷(雪)をピッケルで払い落としたり、かがんだり、這いつくばったりを繰り返して進む。
これがなかなか腰に負担が掛かって参る。

0723_2013-11-24_09-03-54.jpg
1000mケルン。この辺だけは高い木が無いので歩きやすい。

0727_2013-11-24_10-26-08.jpg
頂上の積雪10~15cm。

0729_2013-11-24_10-55-28.jpg
毎年一度くらい荒天で、頂上が何処なのか戸惑うことがあるため、一昨年と同じようにポールを建てた。
一昨年は長すぎたのか、風でくの字形に折れたので、今年は少し短め。
ポールは11月3日に笹薮の中にデポしておいた物。(探し出すのに15分位掛かった)


オロフレ峠の夜間通行規制が明日から始まる。(17時~9時)
単独の場合、よっぽど条件が良くないと、限られた時間内で夏道ルートからの頂上は難しい。
規制前の最終日に頂上に行けて良かった。

山行き予定日は雨ばかりなり

2013年11月18日(月)

今週は今日を予定していたけど雨模様。
土日が晴れて、天気予報通り今日から雨・雲のまだらマーク。

過去を振り返ると例年11月20日過ぎから冬山本番に入っている。
一昨日市街地から見るオロフレ山は白くなかった。
さて来週11月24日はどうなっているのか・・・?

大荒れ前の静けさ

2013年11月10日(日)

昨日は晴天の登山日和。今日は夕方から寒気が入り込み、明日は雪混じりの大荒れ予報。

今朝はというと、起きて外を見れば雨の落ちた様子がなく道路も乾いている。午前中何とかもってくれたりして?に期待しながら一応オロフレ峠に向かう。

しかし登別大橋付近からポツポツ、カルルス温泉で弱雨、展望台ゲートに着くと少し強い雨。
気温が高いので雪に変わらず夕方まで降り続くんだろうな、と思いながら帰路に着く。


      

明日からの天気予報に雪マークが出始めた。
オロフレ山もようやく冬山モードに入った。
次週は日曜日がダメなので月曜日を予定しています

一ヶ月ぶりのオロフレ山

2013年11月3日(日)

早朝起きる頃に、ザアーッという雨音が聞こえていた。
しかし今日の天気は昼から回復のきざし。


0683_2013-11-03_06-16-30.jpg
4週連続の早朝オロフレ峠ドライブになるかな?と思ったが、登山口に着くと風も雨もほとんど無い。

0684_2013-11-03_06-55-14.jpg
1062P下の白根葵の群落地もすっかり見通しが良くなった。

0685_2013-11-03_07-33-48.jpg
小岩峰を過ぎる辺りから雨が降り出してきた。
風が無く手に当たる雨粒も冷たくないので傘を差して頂上に。

0686_2013-11-03_08-17-54.jpg
帰路、羅漢岩稜線から見る来馬岳は雲に煙っている。

0689_2013-11-03_08-50-26.jpg
カルルス温泉まで下ると、雨が本降りになってきた。
来馬岳は止めて帰宅。


展望台ゲートが明後日10:00に冬季閉鎖の予定。
追っかけ11月25日にはカルルスゲートが冬期間時間規制に。
初冠雪後、山の雪は遅れているが、道路事情は冬ごもりに入る。

| ホーム |


 ホーム