FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

二週間と二日ぶりのオロフレ山

2014年4月29日(火)

一昨日は早朝から風が生暖かかったが、今朝はキリッとした空気になっていた。
車のフロントガラスの霜を削ってから家を出る。



2014-04-29_04-41-00.jpg
あれ!オロフレに陽が当たっている?
家に帰ってから日の出時刻を調べると、5:00頃と思っていたのが、この二週間で4:30頃になっていた。

2014-04-29_05-04-32.jpg
登別ルートのCloseはもう間近

2014-04-29_05-12-14.jpg
沢の水が流れる音を聞きながら壮瞥ルートに取付く

2014-04-29_05-24-12.jpg
沢筋が例年のように、スッキリとU字状になっていない。陽の当たる所が急速に融けるためか?

2014-04-29_05-45-10.jpg
1003Pから海側・・少し雲海ぎみ

2014-04-29_05-45-14.jpg
1003Pから山側・・快晴

2014-04-29_05-48-36.jpg
1003Pから見る来馬岳北東面沢ズームアップ。一昨日登ったルンゼをDとした。各ルンゼとも画像で感じるほど傾斜は無い。

2014-04-29_05-51-10.jpg
羅漢岩A沢の抜け口もそろそろ終了

2014-04-29_05-53-12.jpg
羅漢岩入口もようやく夏道を使える時期が訪れた

2014-04-29_06-09-24.jpg
羅漢岩稜線に平行した夏道が顕著に現れている

2014-04-29_06-10-12.jpg
が、自由にルート取りできる斜面トラバースもある

2014-04-29_06-27-28.jpg
小岩峰尾根下の夏道はまだ見当たらない

2014-04-29_06-50-16.jpg
朝の冷え込みのおかげで、取付きから快適なカチカチ雪面歩き、登り下り、トラバース。

2014-04-29_07-08-44.jpg
ウグイスがすぐそばでホーホケキョ、ケキョ、キョ。

2014-04-29_07-19-32.jpg
左が夏道登山道。右の雪稜登りが気持ちよい

2014-04-29_07-25-12.jpg
折れたと思っていたポール(園芸用)が残っていた。1月19日時点で既に埋まっており今冬は役に立たなかった。

2014-04-29_07-26-36.jpg
ロープを解き、ポールを回収。

2014-04-29_09-03-58.jpg
終了。下山時も踏み抜きが無く快適だった。


入山時刻5時過ぎで気温が-1℃。下山時刻9時過ぎで7℃。
今日は雪が緩むことなく、快適な登山だった。

来馬岳北東面沢で雪上訓練

2014年4月27日(日)

今日はTarochanと来馬岳北東面沢のルンゼで、登り、下り、トラバース、滑落停止の練習を行った。



2014-04-27_05-09-04.jpg
ここ一週間の暖気でゲレンデの雪が一気に減っていた。

2014-04-27_05-32-06.jpg
林道の雪も無くなっているかと思ったが、さすがに日陰の部分はしっかり残っている。

2014-04-27_06-02-38.jpg
先週、靴のエッジだけでスイスイ歩けた固雪斜面が、今日は時々ズボッと埋まりながら。


2014-04-27_06-28-12.jpg
二股から沢を離れ、起伏のある平地を行くが、先週と違って露出した笹薮がうるさい。

2014-04-27_07-06-52-F1(拡大)
Bルンゼの標高791でザック類を置き、空身で上部に見えるF1まで登り、練習に入る。

2014-04-27_07-48-08.jpg
その後、F2まで登り再度、登り下り、トラバース、滑落停止の練習。

2014-04-27_07-56-38.jpg
滑落開始。

2014-04-27_07-56-46.jpg
反転後、アイゼンを上げようとするが、膝が食い込むので練習にならない。

2014-04-27_08-28-52.jpg
Bルンゼより締まっていると思われる隣のCルンゼに移動。稜線まで登ろうと思ったが、F1に岩が露出してるのと、落石が目立つので止める。

2014-04-27_08-35-40.jpg
稜線に出るため、958コルの沢に向かう。

2014-04-27_08-39-56B.jpg
一番長い左のルンゼを登る。(写真が切れてる)

2014-04-27_08-47-02.jpg
B・Cに比べ距離が短く高度感はないが、一部かぶり気味で練習には良い。

2014-04-27_09-42-14.jpg



やはり来馬岳北東面は先週までがベターだったようだ。

来馬岳北東面沢 B・Cルンゼ

2014年4月20日(日)

山の雪解けが進んでるようなので、昨年時期を逃した来馬岳のルンゼへ。


2009-04-29偵察
予定ルートはBルンゼ → 958コル下降 → Cルンゼ → 来馬岳頂上
(写真は2009年4月29日を使用)

2014-04-20_05-10-44.jpg
右に折れる林道へ

2014-04-20_05-23-28.jpg
朝早いので埋まることなく歩ける。春山の早朝は気持ちが良い。登山口の気温は-6度。

2014-04-20_05-34-08.jpg
来馬岳名物の氷筍が見られる林道との分岐。私はまだ見たことが無い。

2014-04-20_05-38-26.jpg
水源地

2014-04-20_05-58-12.jpg
右岸を行く。

2014-04-20_06-13-00.jpg
二股で真ん中から上に出て雪面にルートをとる。
本流を詰めればどうなるか?と思い10分ほど行ってみたが、逆に遠回りになりそうなので引き返した。

2014-04-20_07-05-46.jpg
ルンゼが見えてきた。

2014-04-20_07-05-46-B・C拡大
前写真を拡大。スケールが小さく見える。しかし高度感と登攀の緊張感は羅漢岩より上。

2014-04-20_07-31-04.jpg
取付く。写真ではなだらかに見えるが・・・

2014-04-20_07-39-46.jpg
左の日陰はカリカリなので右手を登る。

2014-04-20_07-54-20.jpg
滑り台

2014-04-20_08-08-44.jpg
このあたりはアイゼンの出っ歯のみで。

2014-04-20_08-13-46.jpg
正面の黒いのは朽ちた木。稜線が見える。

2014-04-20_08-19-26.jpg
高度感がある。

2014-04-20_08-29-12.jpg
終了。写真を撮り々1時間の登り。

2014-04-20_08-30-20.jpg
稜線から羅漢岩をズームアップ。

2014-04-20_09-06-06.jpg
958コルから下り、初めてのCルンゼ取付きで水分補給。各ルンゼに陽は当たらないと思っていたが、結構当たっている。

2014-04-20_09-15-02.jpg
Bルンゼに比べアイゼン、ピッケルが刺さらない。

2014-04-20_09-20-48.jpg
ピッケルの石突(5cm)しか刺さらないので、ブレードを使って登る。

2014-04-20_09-40-54.jpg
稜線近く。

2014-04-20_09-50-48.jpg
終了。写真を撮り々45分の登り。Bルンゼより緊張した。

2014-04-20_09-57-14.jpg
先ほどのBルンゼの終了点。

2014-04-20_10-07-48.jpg
頂上へ行く途中の稜線から室蘭岳裏沢と駒ケ岳。

2014-04-20_10-08-50室蘭岳拡大
元画像でみると駒ケ岳がすぐ後ろに。

2014-04-20_10-19-50.jpg
頂上。

2014-04-20_11-20-48.jpg
終了。


今週金曜日にカルルス温泉ゲートの通行時間規制が解除される。

早朝登山の始まりです。

今日は晴天で気温が高そう

2014年4月13日(日)

先週と同じA沢から登ろうと思いながらカルルス温泉駐車場に着くと、Tarochanが居た。
単独で登別ルートからと聞き、先日、彼らが壮瞥ルートから入り羅漢岩で強風のため引き返していたので、その地点が抜け口となるA沢に誘う。

2014-04-13_08-41-50.jpg
山行きの内容は先週と変わらないので、今回は写真をたくさん撮っていたTarochanのブログに訪問して頂ければ、と思います。

2014-04-13_12-10-32.jpg
頂上。風が無く、今シーズン一番の好天。

2014-04-13_13-59-26.jpg
下山時のA沢。
朝、快適にキックステップで登った斜面が、昼を過ぎるとボソボソの雪面。しかし何ヶ所かは軟雪であっても前向きで下ると危ないため、クライムダウンで下降。


オロフレ山で一番先に雪が解ける頂上稜線の三角鉄板岩付近が黒々としてきた。今年は早めの春山シーズンに入りそう。

来週は時期を逃すと取付けず、陽を受けないため快適に登れる、来馬岳東面のルンゼも良いかなと思う。

今日も先週と同じく気温が低そう

2014年4月6日(日)

今日の天気予報は午前中晴れで気温は低め。
昨日は断続的に雪が降っていたので、オロフレ山はどうかな?と思いながら家を出る。


A・B沢
カルルス温泉駐車場から双眼鏡で羅漢岩の状態を視る。新雪がうっすら被っている。昨晩から気温が低ければ羅漢岩の下降ルートにしているA沢を登り~頂上、と決めていた。

2014-04-06_09-18-20A.jpg
羅漢岩は南面なので春先は朝でも日が差すと直ぐに雪が湿ってくる。朝早くから登りたいがそうもいかない。下部は新雪ラッセルとクラスト斜面を交えながら登る。

2014-04-06_09-40-30.jpg
中間部
厳冬期ならアイゼンの爪だけで登ることになるが、今時期は適度な蹴り込みで登る。

2014-04-06_09-51-08.jpg
上部の緩斜面を抜ければ稜線。

2014-04-06_10-02-14.jpg
B沢左股
先週、抜け口にした垂直の部分が雪庇になり、雪が融けて笹の露出も目立ってきた。

2014-04-06_10-07-38.jpg
笹の壁になると危険が増すので、先週に登っておいて正解だった。

2014-04-06_10-13-20.jpg
春は新雪が少しでも積もると山が綺麗に見える。

2014-04-06_11-32-20.jpg
羅漢岩稜線から頂上まで踏み抜きがほとんど無く、クラスト面を快適に登ってきた。

2014-04-06_12-42-50.jpg
天気が悪くなってきたので下山を登別ルートにしようかな?と思ったが、時間が早いことだしA沢に戻って下降。

2014-04-06_12-52-34.jpg
A沢の途中にある洞窟。一番最初に見つけたとき、仏像でも祀ってないかなと思ったけど何も無かった。

2014-04-06_13-00-26.jpg
下山が終了したときは冬の様相。

2014-04-06_13-02-32.jpg
先週はドアの壊れたガラス部を這い出るとき、雪庇が頭上にあったが既に落ち切っていた。



先週は東南の烈風に負け、頂上稜線下部で撤退したが、今日は冬のような西風が強かった。
ただそのおかげでウィンドクラストしてくれるため、快適に登れるのが良い。


| ホーム |


 ホーム