FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今日もオロフレ山だけ

2014年8月31日(日)

早朝のヒンヤリとした空気の中、オロフレへ。


オロフレ山

2014-08-31_05-18-42.jpg
登別側に少し雲が広がっているが壮瞥側は晴天。

2014-08-31_06-17-22.jpg
小岩峰横から洞爺湖方面。

2014-08-31_07-01-58.jpg
頂上から洞爺湖をズームアップ。

0649_2013-10-27_12-21-00.jpg
逆に洞爺湖中島からのオロフレ山(2013-10-27)

2014-08-31_10-57-52.jpg
1003Pから下を見ると車がいっぱい。午前中に行き交った登山者は20~30人くらい。


暑くも寒くもない爽やかな登山日和でした。

今日も晴れることなくガスで涼しいオロフレ山

2014年8月24日(日)

ちょっと空気が暖かいかなと思いながらオロフレ峠へ。


オロフレ山

2014-08-24_05-43-44.jpg
登山口に来たら珍しく早朝入山の登山者が準備をしていた。昨日ここに泊まったとのこと。

2014-08-24_06-51-26.jpg
晴れることなく頂上に。

2014-08-24_07-16-42.jpg
リンドウが咲き出すと秋です。

2014-08-24_11-27-40.jpg
今日午前中の登山者は20人弱くらい。


今日はオロフレ山のみで帰宅です。
来週もオロフレ山だけの予定です。

微風・霧の登山日和

2014年8月17日(日)

今日の天気予報は曇り。その通りの早朝、オロフレ山に向かう。


2014-08-17_04-59-44.jpg
カルルス温泉手前。オロフレ山羅漢岩稜線(1000m)より上が雲の中。

オロフレ山

2014-08-17_05-29-46.jpg
登山口は粒子の細かい霧。微風なのであまり濡れることはなさそう。

2014-08-17_05-42-02.jpg
1003Pに上がると霧雨になってきた。

2014-08-17_06-36-00.jpg
湿った身体に弱い風が当たると涼しい。高山だとこんなこと言ってられない。

2014-08-17_07-01-52.jpg
白根葵は秋の準備。

2014-08-17_07-34-46.jpg
入山時に乾いていた駐車場が濃い霧雨で濡れている。


来馬岳

2014-08-17_08-04-30.jpg
早朝から見れば雲が下がってきている。

2014-08-17_09-06-12.jpg
所々登山道に被さっている笹を傘で押し上げながら進む。

2014-08-17_09-33-58.jpg
アリが集っている草も傘で押し避けながら登る。

2014-08-17_09-45-54.jpg
基本的に強い風雨でなければ傘で間に合わせている。オロフレ山と来馬岳だけだから通用するのかもしれないが・・・



今日のオロフレ山入山時気温13℃。
景色を目的とせず毎週同じ山に登っていると、湿気があってもジメジメせず、微風が涼しく感じ喉も渇かない、今日のような天気が登りやすい。

来馬岳だけ

2014年8月10日(日)

天気は下り坂なので午前中は持って欲しい、と思いながらオロフレ峠に向かう。


2014-08-10_05-38-52.jpg
峠(展望台/登山口)に着くと、強い風を伴った霧雨が吹き付けてくる。
気温は14℃あるが横からの吹き付けでかなり濡れてしまいそう。

止めて、来馬岳に向かう。


来馬岳

2014-08-10_06-21-48.jpg
ゲレンデ下部からオロフレ方面を見れば、標高800m以上がドヨヨーンとした雲に覆われている。

2014-08-10_07-04-18.jpg
5合目に入ると一部登山道で水滴の付いた笹が被っているため、いつものように傘を盾にして進む。

2014-08-10_07-41-52.jpg
身体が霧雨と草露で濡れたが、雨に当たることなく頂上に。

2014-08-10_08-36-02.jpg
天気が悪くなると思っていたオロフレ方面が明るくなってきた。
オロフレ山に行こうかな?と思ったが、濡れた下半身が気持ち悪いので止めた。


一週間で山の空気が盛夏から秋の気配に変わっていた。
例年8月も一週を過ぎると夏山は終わるが、今年は先週一回だけが夏本番の山だった。

昨日は暑かったが今日はどうかな?

2014年8月3日(日)

こちらの地方、昨日は年に何度もない30度超えの気温だった。今日の来馬岳は暑くなりそう!と思いながら家を出る。


オロフレ山

2014-08-03_05-33-40.jpg
オロフレ峠(展望台/登山口)の気温は15℃くらいで風が吹くと少し肌寒いくらい。

2014-08-03_06-28-34.jpg
頂上稜線から下を見ればゆったりした夏の山という風情。

2014-08-03_06-44-04.jpg
良い天気が続いてるのでちょっと霞んだ遠望。頂上が遠くに見えるがここから2分と掛からない。

2014-08-03_07-44-56.jpg
珍しく今日は早朝登山の人が多く、4組と行き交った。一組は毎年一度お会いする札幌のご夫婦だった。


来馬岳

2014-08-03_08-33-06.jpg
入山してふと上を見上げれば、バイクに乗った人がゲレンデを下りてくる。ゲレンデ内は作業車なども入るから良いのかな?

2014-08-03_10-29-02.jpg
5合目から頂上まで2cmくらいのアブにグルグルと付きまとわれてしまった。笹などに止まった時叩き、やっと落としたと思ったら直ぐに後続のアブが攻撃してくる。2匹目まで退治したが後は払い除けるだけにした。
今年一番の暑さの中で登るペースが乱され参った。
リフト降り場の板敷きで昼寝をしていこうかと思ったら、またしてもアブが旋回しだしたので止めて下山。
登山口で入山ノートを見ると、同時刻に入山した二人組みと30分遅れで入山した二人組が途中で引き返していた。


とりあえず今年一番の暑さの来馬岳だった。体重はいつもより1kg多く減っていた。(すぐ戻るけど)

| ホーム |


 ホーム