FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

週半ばから気温上がり過ぎ...。

2015年3月29日(日)

暖かい日が続くと低山のオロフレ山に通ってる私としては何ともし難い感じ。


2015-03-29_08-53-18-a.jpg
カルルス温泉駐車場から双眼鏡で羅漢岩を覗く。気温が高かった割りに岩場の黒さが広がっていない。今日はA沢~頂上往復の予定。

2015-03-29_09-40-56.jpg
既に陽が当たっている南向きのA沢は足首くらいの深さでグサグサ。今年は雪が少ないためか急斜度が出来ず普通に斜面が続いている。

2015-03-29_09-42-04.jpg
途中から見るC沢方面の白黒のコントラストが良い。

2015-03-29_09-48-44.jpg
クライミングの練習に適した岩が何個かある。

2015-03-29_09-58-30.jpg
稜線

2015-03-29_10-06-22.jpg
B沢左股の抜け口の左右の雪庇が先週より少し小さくなっている。斜面に昨日と思われるツボ足の跡が見える。

2015-03-29_10-08-58.jpg
B沢左股の抜け口から下を見ると二人の登山者が登ってくる。

2015-03-29_11-24-52.jpg
頂上稜線の三角鉄板岩の下は融雪が進んでいる。

2015-03-29_11-52-40.jpg
先週、カール状にえぐられていた斜面が元通りになっていた。

2015-03-29_11-55-38.jpg
ちょっと風が強い頂上。

2015-03-29_13-28-00.jpg
A沢を下山。


今年の春はアイスバーンが出来るような寒気はやってこないのだろうか?年々暖かくなっているのは確かであり、前泊して早朝登山でもしない限り無理かもしれない。

今日の天気は下り坂と思ったら...

2015年3月22日(日)

今日は朝から良い天気だけど、天気予報では下り坂と出ている。


2015-03-22_08-44-24.jpg
平地が良くてもオロフレ山特有の雲が配置されている。
このまま陽が差さないと登りやすいのだが。

2015-03-22_09-19-10.jpg
登別ルート出合。除雪した道路のカット面が氷結している。ルートの雪面は締まっているみたい。

2015-03-22_09-54-24.jpg
雪崩の心配がなくなりクラストした左手の沢の中を登って来た。いつもの右手の斜面に比べ何と登りやすいことか。小岩峰がうっすら。

2015-03-22_10-19-14.jpg
1000mケルン。ケルンの西側は高さを持って露出してるが、東側は頂点=雪面になっている。円錐のままの露出を期待していたが残念。
この辺りから膝までズボズボと埋まりだしたのでワカンを履いた。

2015-03-22_10-47-26.jpg
1062Pで休憩していたら陽が差し出し明るくなってきた。

2015-03-22_11-09-08.jpg
先週Tarochanが取り付いた雪壁が笹壁になっていた。

2015-03-22_11-29-58.jpg
頂上手前の東側がカール状にえぐられている。見たことが無い景色だ。風雪がどうなればこうなるのだろう?

2015-03-22_11-32-50.jpg
先週見当たらなかった頂上の竹ざお(240cm)がやはり無かった。折れていなければ次はもっと高くしなければ!!

2015-03-22_11-38-06.jpg
振り返ってみればなかなか良い景色。

2015-03-22_13-01-00-2.jpg
時間が余ったのでトンネルの上へ。
B沢左股抜け口の左右の雪庇が落ちるか後退すれば登られそう。
中間部で左手の壁から落ちてくるはずの大きなブロックが重なったデブリがまだ見当たらない。(クリック2回でほぼ元画像です)



今日は下り坂と思っていた天気が快晴になった。
しかし陽がちょっとでも差し出すと雪が腐ってくるので、風が無く視界が有り曇りのままであって欲しいな。

今週、平地は強風を伴った雨やみぞれだった。さてオロフレ山は?

2015年3月15日(日)

今日は朝から曇り空で気温もちょっと低めになりそう。


2015-03-15_08-42-16.jpg
オロフレ山の本峰は見えず。

2015-03-15_09-33-40.jpg
壮瞥ルートから入山。先週に比べ積雪増となっている。Tarochanの7人グループも追っかけ入山。

2015-03-15_09-44-18.jpg
直ぐにラッセルを変わってもらい、私はワカンで後を追う。

2015-03-15_10-14-16-a.jpg
羅漢岩(B沢左股抜け口)の下りに入る前にアイゼンを装着。

2015-03-15_10-29-28.jpg
私が先に一部アイスバーンの斜面をアイゼン無しで下りたが、ちょっとスリップしてしまいピッケルストップ。

2015-03-15_10-41-36.jpg
全員クライムダウンで下降終了。羅漢岩稜線に向う。

2015-03-15_11-02-08.jpg
結構きわどい部分を登っている。

2015-03-15_11-03-28.jpg
小岩峰の下に4人パーティーが見える。(小岩峰で追い越したがそこから下山したもよう)

2015-03-15_11-37-32.jpg
今シーズンずーっとラッセルだった1062Pへの登りが、ようやくクラストぎみになってきた。

2015-03-15_11-46-48.jpg
頂上稜線下部の登りに入るとかなり風が強くなってきた。ただ厳冬期のような厳しさはない。

2015-03-15_12-01-12.jpg
20m先の先頭は見えない。

2015-03-15_12-11-00.jpg
稜線で一番難所の基部にスノーシューなどをデポして...

2015-03-15_12-13-14.jpg
Tarochanが先頭で取り付く。取り付き部分でピッケルのシャフトが刺さらず、ピックを刺しながら登る。

2015-03-15_12-39-36.jpg
頂上目印の竹ざお(240cm260cm)が見当たらず、先頭が頂上を通り過ぎ下りに入ってしまったので声を掛ける。風で折れたのか?降雪で埋まったのか?GPSで頂上を確認。

2015-03-15_13-04-16.jpg
先ほどの登りの難所は下りでも難所。クライムダウンで下りる。

2015-03-15_13-28-08.jpg
稜線下部で滑落停止訓練を行う。

2015-03-15_14-09-24.jpg
小岩峰を上り下りしてキックステップ、クライムダウンの復習。

2015-03-15_14-29-24.jpg
登別ルートを下山し終了。


今日はクラスト斜面ありで私好みだった。平日にサンクラストし、週末が気温低めの曇りが私にとって理想的・・・

今日は暖かい日になりそう

2015年3月8日(日)

今日は週間天気予報で雨だったが、途中から晴れマークに変わり、気温も高くなる見込み。


2015-03-08_08-44-58.jpg
快晴。

2015-03-08_09-19-34.jpg
しんなりと新雪が積もっている。道路の除雪の様子からオロフレは結構積もっていたようだ。

2015-03-08_10-02-04.jpg
出合から膝上ラッセルを強いられた。これなら登別ルートにすればよかったと後悔。

2015-03-08_10-55-32.jpg
1003Pから。

2015-03-08_11-03-00.jpg
降雪があっても風が弱かったのか雪庇の発達がない。

2015-03-08-11-29.jpg
Tarochanのグループが訓練で雪洞を掘っている。そして頂上稜線に登山者が一人。

2015-03-08_13-28-50.jpg
頂上の積雪は150cm。昼前後の頂上稜線は気温が上がり、ワカンが団子になるためツボ足に変更して登って来た。


山中での気温はマイナス圏だが風が無いため暑くて暑くて。

来週あたりぐっと冷え込んで欲しいな。

大雪警報...外れ

2015年3月1日(日)

2/26(木)の夜、登別地方に大雪警報が出たので、明日は雪かきだなと思いながら就寝。朝起きてみると1mmも積っておらず雨だった。


本日、自宅を出て登別大橋を過ぎるころから、路肩に除雪した雪のブロックが目立ち始めた。
平地が雨でも標高350mのカルルス温泉では20cmの降雪だった、とのこと。


2015-03-01_09-19-38.jpg
視界が悪いので今日も登別ルートから入山。当然ながら積雪量は増えている。

2015-03-01_10-00-26.jpg
登別ルートはどこの斜面でも登れるが、私のルート上にある目印の三又の木。

2015-03-01_10-29-48.jpg
稜線に出て小岩峰に来たら、強烈な南東の風が吹き付けてくる。

2015-03-01_11-05-20.jpg
1062Pで休憩後、頂上に向おうと思ったが雪が混じりだし、顔面を叩き出した。今日の天気は午後から下り坂。無理をせずここで撤退。

2015-03-01_11-19-32.jpg
平らな所でも強風で雪が飛ばされクラストし、視界が悪い時はあえてピッケルを差しながら登る。帰路、ワカンの跡が消えても少しの間はピッケルの穴が下山方向を示してくれる。

2015-03-01_12-18-54.jpg
12時過ぎ終了。時間があるのでトンネルの上に上がってみる。暖冬の割りに雪庇が落ちていない。

2015-03-01_12-22-00.jpg
羅漢岩の壁は下部しか見えない。


下山後カルルス温泉に浸かって外に出ると、ひっきりなしに雪が降っている。今日は1062P撤退で正解だった。

| ホーム |


 ホーム