FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その三十四

2015年6月28日(日)

昨日は終日、風を伴わない冷たい雨がシトシト降っていた。
夜の天気予報で今日は朝まで雨が残り、その後曇り。
中止を決め山行きの用意はしなかった。

・・・・
朝起きると時々小粒の雨が降っていた。今現在は昨日と同じように小雨が降っている。

ということで・・・。




オロフレ山に行かなかったとき、2003年に36日間で結願(けちがん)した四国歩き遍路を回想し不定期に更新しています。

写真は当時の古い携帯で撮ったものが少しなため、主にストリートビューを写真代わりに利用しています。

単に自分の思い出を書いているだけなので、興味のない方には申し訳ございません。



2003年5月10~11日 33~34日目
昨日はビジネスホテルオマツにチェックイン後、79番にタクシーで行き打ち終わっておいたので、今日早朝その距離分から歩き始める。



80→81
住宅地にある80番国分寺を打ち、正面に見える山に向かって急坂を登る。このあたりでおばさんに話しかけられ、長話をした記憶あり。

81分岐
台地に上がり車がほとんど通らない県道180号線を自衛隊演習地を左に見ながら歩く。途中の遍路標識を目印に山道へと入る。(石柱の標識は当時あったかな?)


81番白峰寺を打ち1kmほど戻り、山道を3kmちょっとで82番根来寺。81番~82番の山道には歴史深い石造物が多い。


栗林
82番から今日最後の83番一宮寺まで13.3km。一宮寺から宿泊予定ホテルまで5.3km。
高松市内に入ると急激にアキレス腱が痛み出す。信号待ちから一歩踏み出すのが辛い。歩き出すと痛みは和らぐが、止まった後の次の一歩が出なくなる。

03051013450123.jpeg
当時の携帯で撮った画像。民家の軒先も遍路道。
時間が13:45なので一宮寺前後の路地裏かな?

イーストパーク栗林
翌日になっても痛みがとれないため、連泊して休養にあてる。
近くの店まで食べ物を買いに行くのが精一杯で、すぐ隣の有名な栗林公園を見に行く余裕などなかった。
ここまで来てリタイアなど考えられず、足に向って「何とか頑張ってくれ」と願いをかけていた。


行動表(72と73の番号が逆です)
行動表


33日目 歩行距離 39.1km
34日目 歩行距離 00.0km

今日も暑かった来馬岳

2015年6月21日(日)


今日の天気予報は明け方まで晴れ。日中は曇り。

下山して自宅に戻ると市街地はその通りで寒いくらい。しかしカルルス温泉から上は好天で夏のような暑さだった。


オロフレ山

2015-06-21_05-01-02.jpg
ズームなので近くに見えるが、実際でも何故かいつもより近くに見えた。

2015-06-21_06-19-32.jpg
頂上からの遠望。樽前山と風不死岳の中間部向こうに112km先の夕張岳。風不死岳の向こうに123km先の芦別岳。

2015-06-21_06-24-08.jpg
頂上手前のハクサンチドリ。今年は密生度が少ない気がする。

2015-06-21_07-19-48.jpg
ヨツバシオガマが咲き出している。花が出る前の葉っぱは、登山道沿いにびっしり並んでいる。

2015-06-21_07-29-48.jpg
登山口から少し上まで笹が刈ってあった。今日も草刈機を用意して入山するようだ。


来馬岳

2015-06-21_07-55-08a.jpg
今8時ころだがジリジリ暑くなってきた。右側のゲレンデ登りでビッシリ汗を掻く予定。(ダイエットに最適)

2015-06-21_09-24-04.jpg
馬の背の北側登山道はいつでもヒンヤリ涼しい。

2015-06-21_09-57-42.jpg
オロフレの上に夏のような雲が。

2015-06-21_11-05-00.jpg
久し振りにここで昼寝してから登山口へ戻る。下山者の鈴の音で目覚めると30分熟睡していた。


今日も山は天気良し。6月最後の来週の天気はどうかな?

今日は暑くなりそうな来馬岳

2015年6月14日(日)


目覚ましセット時刻の30分前に目が覚め、グダグダしててもしようがないので起き、用意して家を出る。

今日の天気予報は晴れ曇り交じりで、最高気温が20℃の予定。


オロフレ山

2015-06-14_04-44-42.jpg
早朝、オロフレ山特有の標高1000m以上は濃いガス模様。

2015-06-14_05-22-36.jpg
小岩峰辺りから空が明るくなり、1000mケルン近くに来ると晴れてきた。雲がオロフレ山の西斜面を駆け上っている。

2015-06-14_05-51-56.jpg
頂上稜線中間部で振り返り下を見れば、雲が勢いよく沢から尾根を乗り越えている。

2015-06-14_06-06-52.jpg
頂上に着くと爽やかに晴れていた。

2015-06-14_06-58-58.jpg
今年はこの花が1003Pから羅漢岩稜線の登山道に多く目立つ。

2015-06-14_07-13-28.jpg
今日も徐々に登山者が集まり出した。(現在7時過ぎ) 先週はバスも含め5~60台の車があったらしい。


来馬岳

2015-06-14_08-16-08.jpg
気温が上昇してきた来馬岳のゲレンデ登りで、汗びっしょりの顔に虫がうるさい。足元は見えるのでこれでしばらく登る。

2015-06-14_09-43-04.jpg
先週ビッシリ咲いていた群生の一部がほとんど散っていた。

2015-06-14_09-45-34.jpg
先週と同じ場所の一輪。

2015-06-14_09-48-02.jpg
羅漢岩B沢左股にオロフレ山最後の雪。

2015-06-14_11-01-04.jpg
ゲレンデ中間部のマーガレット畑を下る。


先週登山者で賑わっていた来馬岳はシラネアオイとサンカヨウが終わり一気に静かになった。
群落の密度と咲き散りのメリハリはオロフレ山より上かもしれない。

白根葵が終盤のオロフレ山と来馬岳

2015年6月7日(日)

涼しげの早朝(気温8℃)、オロフレ峠に向う。


オロフレ山

2015-06-07_04-58-44.jpg
展望台(登山口)で3℃。少し寒いが小岩峰を超えれば身体に陽が当たりだし暖かくなる。

2015-06-07_05-13-20.jpg
1003Pから駐車場を見れば、薄雲が勢いよく流れている。

2015-06-07_05-46-44.jpg
1062P下のシラネアオイ群落地は今週で終了。

2015-06-07_06-22-24.jpg
頂上稜線はシラネアオイに代わってハクサンチドリが列を成してきている。

2015-06-07_06-15-58.jpg
頂上から洞爺湖がスッキリ。

2015-06-07_07-24-38.jpg
展望台(登山口)に下り、向かいの斜面を見ればチングルマ。


来馬岳

2015-06-07_09-39-58.jpg
頂上直下のシラネアオイ群落の一部。その周りの群落は終了に近い。

2015-06-07_09-41-10.jpg
現在オロフレ頂上にいる人は展望なしと思われる。

2015-06-07_09-47-14.jpg
頂上裏のサンカヨウ群落も既に終了し、花が全部実に変わっていた。

2015-06-07_10-01-00.jpg
頂上にハクサンチドリがひとつだけポツンと咲いていた。

2015-06-07_10-57-20.jpg
今日は10人ほどの団体2グループと、多くの登山者が入山しており、来馬岳ではめったにない賑わいだった。


さて来週も暑くならないよう願って2山に向いませう。

| ホーム |


 ホーム