FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

3週連続山行きを休みます

2015年8月30日(日)

今週もオロフレ行きは休みです。

身体のほうは問題なく至って健康です。

四国歩き遍路の連載を終えたし、小笠原諸島の旅日記もやったし、他に面白そうなカテゴリもないので、以前のように山行きを中止したとき貼っていた写真をまた貼ります。


私の一番好きな山

“厳冬の利尻山”

東壁
バットレス
南稜
大槍
P1
P2
ヤムナイ沢
マオヤニ沢
仙法志ローソク岩
仙法志第2稜

が美しい!

利尻山


では来週・・・。 オロフレ山にはリンドウが咲いてるだろうなぁ~・・・

『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その三十七

2015年8月22日(日)

今日は山行きを止めてカテゴリの四国歩き遍路を完結することにしました。

オロフレ山に行かなかったとき、2003年に36日間で結願(けちがん)した四国歩き遍路を回想しながら不定期に連載を始めました。
2013年2月16日から始めたので2年半かかってしまいました。

・・・・
ということで・・・。

写真は当時の古い携帯で撮ったものが少しなため、主にストリートビューを写真代わりに利用しています。

単に自分の思い出を書いているだけなので、興味のない方には申し訳ございません。



※ 四国遍路で打つとは?
  札所を参拝すること。打つというのは、昔の巡礼者が自分の名前を
  書いた木札をお寺 に打ち付けていたことに由来します。


2003年5月14日 37日目
前日、88番大窪寺を打ち結願(けちがん)。9.5km先の白鳥温泉に宿泊。


88-1.jpg
1-8-88-1.jpg
そして今日は白鳥温泉から1番霊山寺まで34.8kmを歩き、四国一週の一筆書きを完成させる。  一日中雨。

多くの歩き遍路が通る道には色々な道しるべがあるのだが、このルートにはほとんど無かったように思う。
道中の記憶があまり無く、ただ海岸沿いで若い人がやっていた豆腐さんで豆腐を食べた記憶がある。その付近から海岸を離れ卯辰越の山中に向ったと思う。

卯辰越坂1
車がほとんど通らず標高差の小さい坂道を歩く。それと比較して遍路19日目の上ノ山 は標高差もありきつかった。

1卯辰越峠
うっすら覚えてるような覚えてないような卯辰越の峠。

大麻比古神社1
地図上でこの神社が見えたら1番はもうすぐ。

高松自動車道1
自動車道の手前を左に折れる。

1番石垣1
石垣の内側は1番霊山寺。

1番1
初日は板東駅からなので正面を見ながら入ったが、最終日は裏手から懐かしの山門に着く。

1番霊山寺
納経所で朱印をもう一回押していただき完結。

歩行距離 34.8km


1番霊山寺から板東駅へ。徳島駅横のビジネスホテルに泊まり、翌日淡路島~関空経由で北海道へ。

行動表
行動表
(行動表の5/13雨は5/14の間違いです)

四国遍路の距離は1200kmとも1400kmともいわれています。山道でショートカットが出来る歩き遍路と車やバスなど乗り物を利用する遍路との違いと思われます。行動表の歩行距離は歩き遍路なら100%の人が使うへんろみち保存協力会の地図を元に算出しています。(今はカラーで見やすそうですね)


四国歩き遍路の動機などは初日のブログからどうぞ。


遍路用に新規購入したローバの軽登山靴は一ヵ月半でこうなりました。靴

『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その三十六

2015年8月16日(日)

今日は多忙につき山行きを中止。

・・・・
ということで・・・。


オロフレ山に行かなかったとき、2003年に36日間で結願(けちがん)した四国歩き遍路を回想し不定期に更新しています。

写真は当時の古い携帯で撮ったものが少しなため、主にストリートビューを写真代わりに利用しています。

単に自分の思い出を書いているだけなので、興味のない方には申し訳ございません。



2003年5月13日 36日目
87番の門前に位置し、家庭的雰囲気だったあづま屋旅館を発ち、最後の札所88番大窪寺へ。

1-1女体山
87番から88番への歩き遍路道は舗装道路と山越えの二つ。当然ながら山道の女体山ルートを取る。
詳しくはヤマレコの女体山山行記録をどうぞ。

1-3前山ダム
前山ダムの放水口を渡り、小さなたくさんの石仏を見ながら東岸を行く。

1-2女体山登山口
四国八十八カ所の山登りで両手を一番使ったのが女体山だった。またこの山は60番横峰寺のように下りがまた急だった。

03051309440129大窪寺
88番大窪寺 結願

1-4-88番大窪寺
1200kmを共にし、10cmは短くなった金剛杖を奉納して納経。(03年05月13日09時44分)

1-5卯辰越
これで終わりかと思うとそうではない。
本来は終わりらしいが、1番霊山寺に戻ると完全ループになる。
1番へは3ルートある。
①88番から10番切幡寺に行き9番→1番へと逆打ち(41.1km)
②88番から大坂越(44.3km)
③88番から卯辰越(45.0km)
卯辰越をルートに選ぶ。帰ってから歩き遍路のブログを見るとほとんどの人が①ルートだった。
今日中に1番は無理なので大窪寺から9.5km先にある白鳥温泉(当時は町営?)に予約を入れる。

1-6おばあちゃん
白鳥温泉手前でこのような場所だったと思うが、土手下からおばあちゃんが上がってきて「お接待です・・100円を頂く」

1-7白鳥温泉
白鳥温泉


行動表
行動表

歩行距離 25.1km


さて明日(次回)は1番までの残り34.8kmを歩き、旅が終了します。

しっとり 霧のオロフレ山

2015年8月9日(日)

30度超えが2、3日あった後、ひと雨来たら急に涼しくなってきた。

霧の自宅を出て、霧雨の登別側からオロフレトンネルを壮瞥側に抜けると青空になっていた。


オロフレ山

2015-08-09_05-18-48.jpg
ここ展望台(登山口)は天気の境目になってることが多い。しっとりした霧の中、登山道に入る。

2015-08-09_05-36-50.jpg
羅漢岩入口から雲海の向こうに、アンヌプリ、羊蹄山、尻別岳。

2015-08-09_05-42-40.jpg
C沢から。標高1000m以下は雲海で、頭だけの来馬岳。

2015-08-09_06-31-46.jpg
頂上からホロホロ3山。


来馬岳

2015-08-09_10-06-50.jpg
視界は全然なし。朝方オロフレ方面から雲海上に見えていたここ頂上は雲の中。


例年通り、8月の第一週が終わったら、真夏も終わったようだ。

あと3ヶ月半もしたら冬山です。

静かなオロフレ山と来馬岳

2015年8月2日(日)

今日の天気予報は曇り/晴れで、雨の心配が無い。


オロフレ山

2015-08-02_04-59-04.jpg
入山時(5:00)気温が12℃で涼しい。羊蹄山方面は時間と共に気温が上昇しそうな感じ。

2015-08-02_05-27-32.jpg
小岩峰基部から苫小牧方面。徐々に雲が多くなってきた。

2015-08-02_06-08-58.jpg
頂上から室蘭方面。爽やかな空模様。

2015-08-02_06-12-02.jpg
頂上直下のヨツバシオガマやハイオトギリは終盤。標高1000m台は今週いっぱい。来週あたり、リンドウが顔を出していたら、もう秋。


来馬岳

2015-08-02_09-54-52.jpg
視界なしの頂上に着いた5分後に青空が出て来た。今日は雲の流れが忙しい。

2015-08-02_11-01-28.jpg
今日もリフト降り場で昼寝を40分くらいしてから登山口へ下りた。


登山者がオロフレ山ゼロ(早朝だから普通だが)で、来馬岳が3人と静かな山だった。

| ホーム |


 ホーム