FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

こちらの地方積雪ゼロ

2015年11月29日(日)

太平洋側のこちらの地方は今のところ積雪ゼロ。
オロフレ山はどのくらい積もったかなと思いながら、カルルス温泉ゲート開通9時に合わせ自宅を出る。


2015-11-29_09-11-24.jpg
展望台ゲートに来てみれば積雪70cm。車を置くスペースの除雪にどれくらいかかるかな?道路に停めて吹雪けば事故の元だし...


登別側・壮瞥側ルートは沢が埋まってないのでまだ入れない。

展望台(登山口)へのアプローチとして以前から考えていた所に向う。


2015-11-29_09-32-02.jpg車をトンネルの駐車帯に停めて外に出る。

2015-11-29_09-39-00.jpg
廃道を歩き展望台方面に向う。

2015-11-29_09-54-58.jpg
ラッセル用にスノーシューを使用。当初何年かはスノーシューを使っていたが、持たないのでワカンに変えていた。

2015-11-29_09-51-26.jpg
すぐに展望台の斜面が見えてくる。

2015-11-29_09-57-14.jpg
顕著なリッジが3本あるのでどこを登ろうかな?

2015-11-29_10-30-36.jpg
Bを選んで登る。実際はナイフリッジ。

2015-11-29_10-36-54.jpg
雪が少ないのでアイゼンの歯は雪下の凍りかけたザレに食い込ませる。
ピッケルが刺さらず、滑落したら石やザレに体を擦られてしまう。

2015-11-29_10-41-14.jpg
今日は頂上が無理なので時間切れまで先を登る。

2015-11-29_10-59-40.jpg
登山道はほどよく埋まってるが膝平均のラッセル。

2015-11-29_11-38-46-A.jpg
1003Pから見ると展望台斜面のリッジは曇天のせいで凹凸が分かりにくい。


2015-11-29_11-46-48.jpg
羅漢岩出合で11時46分。引き返す。

2015-11-29_11-46-44.jpg
毎年ながら頂上に行けない今の時期は頂上が遠くに見える。

2015-11-29_12-23-18.jpg
展望台から右手のコンクリ壁の下に平面で残っている廃道を下る。
林に入るとラッセルがきつくなったので、笹薮に突っ込んで雪崩れの心配の無い沢を下ってリッジの下部へ。

春頃にはコンクリ壁の上と下は一枚の斜面になる。2015-04-12
2015-04-12_12-36-24-A.jpg


毎年自衛隊さんが雪上訓練のために展望台ゲート前を除雪して駐車スペースを作っている。
車をデポ出来ないと夏道ルートからは入山できない。展望台ルートを開拓せねば。

オロフレ山は根雪になったかな?

2015年11月22日(日)

一昨日市街地から見たオロフレ山は黒っぽかった。
寒気が入り込んでるのでいつもオロフレ山に被る雲が雪を降らせてるかなぁ~と思いながら早朝に家を出る。
オロフレトンネル登別側は一切雪が無い夏道。しかしトンネルを一歩出ると壮瞥側はアイスバーンでわだちが怖かった。
基本的にオロフレ山の雪の状況は壮瞥側から展望するのが正解と思う。



2015-11-22_06-39-10.jpg
入山時気温-6℃。
ゲートからの車道はブラックアイスバーンなので白い部分を歩く。昨日と思われる二人の足跡が氷の上に浮き出ている。

2015-11-22_06-50-56.jpg
足跡がそのまま凍ってるので、登山道の足跡も凍りつき、歩き(登り)にくいだろうなと思ったが、展望台(登山口)で引き返していた。

2015-11-22_07-08-46.jpg
いつものように荒涼とした展望台(登山口)。

2015-11-22_07-12-24.jpg
登山口から2、3cmの雪で歩きやすい。

2015-11-22_07-28-58.jpg
気温が低くて快適です。

2015-11-22_08-31-38.jpg
頂上まであと3分。

2015-11-22_08-34-32.jpg
視界が無くなったので、いつものように頂上だけに雲が掛ってるかと思ったら、車に着くまで小雪交じりの冬模様だった。

2015-11-22_09-28-02.jpg
こんな様相の羅漢岩も好きだ。

2015-11-22_09-46-54.jpg
一応終了。

2015-11-22_10-26-42.jpg
帰路はアイスバーンの上に雪が乗っかっていたので路肩を歩くなどして転倒に気を使った。
下山時気温も-6℃。


もうオロフレ山の雪が融けることはないと思うので本格的な冬山が始まった。
11月25日からカルルス温泉ゲートが夜間規制に入る。次週からはゲートへ9時出勤となる。

今週もしとしと雨

2015年11月15日(日)

今日も天気予報通りの雨が降り、気温が近日で一番高い。
本格的冬山になるのは来週?再来週?か。

過去根雪になった後の冬山登山初日
2015/11/??
2014/11/16
2013/11/24
2012/11/18
2011/11/23
2010/11/28
2009/11/23
2008/11/23
2007/11/17
2006/11/19
2005/11/25


私の一番好きな山

“厳冬の利尻山”

東壁
バットレス
南稜
大槍
P1
P2
ヤムナイ沢
マオヤニ沢
仙法志ローソク岩
仙法志第2稜

が美しい!

利尻山

今日は山も雨

2015年11月8日(日)

月曜日からの週間天気予報は晴れマークの小春日和が続いた後、日曜日だけが雨。
外れるだろうと思ってたが当たってしまった。
山が雪になってることを期待して小雨の5時半ころ家を出る。気温3℃。

カルルス温泉も雨で気温が2℃。うーん・・暖かいからダメかな?


2015-11-08_06-08-30.jpg
展望台ゲートに着いて気温1℃の小雨。秋雨に濡れて歩くことは良しとしないので今日は中止。



来週今週の週間天気予報も今週先週と似たり寄ったり。(日曜を起点にした場合使い分けが難しい)
根雪の冬山モードになるまで一進一退の様相。

オロフレ冬山初日

2015年11月1日(日)

一昨日(金曜日)市街地からオロフレ方面を見ると、来馬岳、オロフレ山共に冠雪していたのでタイヤ交換を済ませておく。
今朝夜明け一時間前に家を出て山に向うが、オロフレトンネルまで道路に雪は無し。
ところがトンネルの出口から壮瞥方面は白い路面で凍結していた。



2015-11-01_06-05-36.jpg
展望台ゲートが締まっているかと思ったが開放されていた。

2015-11-01_06-30-48.jpg
登山道が雪の道になって続いている。

2015-11-01_07-41-14.jpg
今年は頂上ポール立てを止める。
昨年は車内に積める長さ2.6mを運び、地上2.3m(地中0.3m)で立て、看板支柱に共架するも、積雪の高さに間に合わなかった。
今年もホワイトアウトで“頂上は何処??”で1~3回くらいウロウロすると思う。

2015-11-01_07-54-22.jpg
初冬特有の登山道原寸マップ。

2015-11-01_08-43-28.jpg
帰路P1003から。下山中に単独一人と行き交い、これから入山する8人組が準備している。


11月4日(水)に展望台ゲートが閉じ、カルルスゲートは11月25日(水)に閉じられる予定。ゆえに早朝入山できるのはあと3回。
今週いっぱい気温が上がりそうなので、来週山の雪はどうなっているかな?

| ホーム |


 ホーム