FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今日の山行きは中止

2016年6月26日(日)

天気予報を信じて、昨夜のうちに今日の山行きは中止でした。

午前中の平地は時々小雨でしたが、早朝のオロフレ山は雨だったと思います。
来週はもう7月ですね。あっという間に夏が終わってしまいそうな気がします。




私の一番好きな山

“厳冬の利尻山”

東壁
バットレス
南稜
大槍
P1
P2
ヤムナイ沢
マオヤニ沢
仙法志ローソク岩
仙法志第2稜
仙法志第1稜

が美しい!

利尻山

ここ最近は週末だけが晴れてくれる

2016年6月19日(日)

早朝家を出るとき曇り空だったが、雨の心配がないはずのオロフレ山に向う。


オロフレ山

展望台(登山口)からの登別側、壮瞥側。曇り空の下に雲海が広がっていた。

2016-06-19_04-23-36.jpg
小岩峰下に来ると樽前山、風不死岳、夕張山地方面がくっきりと。

2016-06-19_05-33-08.jpg
帰路に撮った日高山脈。右端が襟裳岬。

2016-06-19_04-35-24.jpg
ザ・ウィンザーホテル洞爺。

2016-06-19_05-13-52.jpg
頂上から室蘭岳(左の三角)。奥に駒ケ岳

2016-06-19_05-40-20.jpg
豊浦/ニセコ方面の昆布岳。



来馬岳

2016-06-19_08-23-06.jpg
頂上直下からのオロフレ山・ホロホロ3山・風不死岳・樽前山。


Yahoo天気予報では、向こう一週間に晴れマークが見当たらないが、6月最後も晴れてくれるかな?




昨日、20代前半の一時期にザイルパートナーであり、現在は岳連関係の指導的立場にいる同級生のFと、室蘭チャラツナイの岩場に行って来た。
目的は私の30数年のブランクを経ての新たなクライミング技術の習得。
道岳連(日山協)直伝のロープワーク(結び方・確保・下降・等)を教えてもらい実践してみた。
昔は夏冬岩雪を登山靴一足で賄っていたが、当然ながら今回はクライミングシューズで。またハーネス・各種金物類も用意して望む。
『なるほど時代が変われば、今はこんなふうにやるんだ』が多かった。しかし安全に関する2次的な作業が煩雑に感じるところもあり、必要性で取り入れるかは今後の課題。

セカンドで登り、懸垂下降後、トップロープで登り返した。
登り返しを赤丸の下から取り付くと、ホールドにした赤丸の岩二つがグラッときたので、その左を登りながら、岩を蹴飛ばして落としておいた。
2016-06-18_12-14-10-28-o.jpg
写真はF氏

雨が来る前に。。。

2016年6月12日(日)

日曜日の天気予報が久し振りに昼から雨マーク。 天気は下り坂。



2016-06-12_04-03-08.jpg
オロフレトンネル入口でウロウロしていた鹿が中に入ってしまい、後を追うことになってしまった。以前にも一度あり2回目。

2016-06-12_04-13-34.jpg
冷たいガスに覆われた展望台(登山口)

2016-06-12_04-57-26.jpg
1062P下のシラネアオイは終了

2016-06-12_05-26-50.jpg
頂上手前でガス(雲)が切れたので、雲海の向こうのホロホロ3山がクッキリ。

2016-06-12_05-29-00.jpg
シラネアオイに代わって、ハクサンチドリが列を成して来た。

2016-06-12_05-31-28.jpg
流れの早いガスが切れたところでシャッターを押して撮影。この後、霞んだ内陸方面と雲海の太平洋側が視界から消える。

2016-06-12_06-37-50.jpg
下山し、登山口に着いた頃にはガスが霧雨に変わっていた。ここから見えないが、入山待機中の車が3台止まっている。

2016-06-12_06-49-44.jpg
道道2号線へのT字路辺りにもハクサンチドリが咲いていた。



来馬岳は濃いめの霧から雨になりそうなため中止して帰宅。


シラネアオイ終盤の来馬岳とオロフレ山

2016年6月5日(日)

昨日の雨が上がり、天気良好のオロフレ山と来馬岳に向う。


オロフレ山

2016-06-05_03-55-20.jpg
展望台(登山口)からの夜明け。

2016-06-05_04-38-14.jpg
1062ピーク下のシラネアオイ群落はまだ満開だが、色合いに鮮やかさが無くなって来ている。

2016-06-05_05-09-00.jpg
頂上からホロホロ方面。羊蹄山を撮るのを忘れた。

2016-06-05_06-24-24.jpg
登山口から直ぐの所で、腰を屈まないと通れない場所があり、その木を登山道整備の時に切ってくれたようだ。

2016-06-05_06-34-22.jpg
登山口向かい斜面のチングルマ群落は今年ほとんど咲いてない。



来馬岳

2016-06-05_06-57-56.jpg
今日も天気が良く、汗だくの登りになりそう。

2016-06-05_08-06-36.jpg
6~7合目の馬の背北側はいつも涼しくて気持ち良し。

2016-06-05_08-36-46.jpg
頂上手前のシラネアオイが色あせてきた。

2016-06-05_08-38-00.jpg
頂上に着いて10分もすると雲に覆われて一気に涼しくなった。

2016-06-05_09-37-06.jpg
今日もここで昼寝をして行く予定だったが、一時的とは思うが日が射さず風も冷たいので止めて下る。


日の出前のオロフレ山展望台(登山口)に車が4台止まっていた。登山ではなく写真目的らしかった。日の出は羅漢岩の陰になるので雲海を狙っているようだった。

| ホーム |


 ホーム