FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

中島 健朗氏の講演

関心のある方はどうぞご参加を

25回開催パンフレット01


羅漢岩耳岩まで

2017年2月26日(日)

天候不順でパッとしない今週だったが、今日もオロフレ山は好天が期待できなさそう。



2017-02-26_08-42-46.jpg
オロフレ山は全然見えないが、周辺の視界はまあまあ。

2017-02-26_10-02-54.jpg
今日のパートナーは室蘭RCCに在籍しているK氏。

2017-02-26_10-22-44.jpg
先週と同じルートを先週以上のラッセルで登る。

2017-02-26_11-32-52.jpg
太い木が出てきた所でアンザイレン。

2017-02-26_11-53-58.jpg
急斜面の新雪を落としながら、ブッシュ登りで耳岩が視界に。すぐ隣りのピナクルで後続をビレー。

2017-02-26_12-47-00.jpg
3mのスノーリッジを渡り...

2017-02-26_12-20-50.jpg
耳岩基部へ。

2017-02-26_13-06-14.jpg
耳岩のてっぺんの下降支点が不明なので登らずにピナクルから下山。

2017-02-26_13-38-36.jpg
足元から厚さ10cmほどの表層がサワサワと落ちるが危険度無し。



さて来週はどこに入ろうか?


羅漢岩下部をウロウロ

2017年2月19日(日)

昨日は吹雪のためオロフレ峠が通行止めだった。
今日もグッと冷え込んでるが、B沢が先週と同じような感じだったら登ろうかなと思いながら向う。



2017-02-19_08-48-02.jpg
羅漢岩で太陽の暖かさは期待できなさそう。

2017-02-19_09-40-00.jpg
Tarochan等と3人で羅漢岩出合へ。先週より雪が50cmくらい増えている。

2017-02-19_09-43-54.jpg
ベースと考えていたTarochan等が先週掘った雪洞を探したけど不明。ツエルトを張ってザックを置き...

2017-02-19_10-54-40.jpg
トビラともいうべき最初に出会う岩へ。


2~3mの高さで岩登り体験。

2017-02-19_12-40-02.jpg
雪壁を掘りながらのブッシュ壁登りを1ピッチ体験。

2017-02-19_13-23-40.jpg
耳岩を確認して下降。


カルルス温泉付近はそうでもなかったが、標高800m以上は結構積雪が増えていた。
しばらくは雪崩との兼ね合いを見ながら羅漢岩に入ることになる。


羅漢岩ウロウロ

2017年2月12日(日)

2月に入ってから気温高めの市街地だが、オロフレ山の状態はどうかな?と思いながら向う。



2017-02-12_08-49-34.jpg
羅漢岩、本峰は雲の中。

2017-02-12_09-46-36.jpg
今日は羅漢岩出合から耳岩の近くまでの予定。

2017-02-12_10-32-20.jpg
訓練で雪洞掘りに精を出しているTarochanパーティー。

2017-02-12_12-15-46-切り取り
耳岩方面は48cmのピッケルが、雪面下の岩に当たった所で引き返し、B沢左股に入り偵察。抜け口の雪庇が小さかったのでそのまま登り抜ける。(写真は羅漢岩出合に下山してから撮ったもの)

2017-02-12_11-52-28.jpg
稜線に出てB沢を見下ろす。下降したA沢は今のところ簡単なただの雪の斜面だった。

2017-02-12_14-05-28.jpg
雪洞に2時間ほどお邪魔して一緒に下山。


3週間ぶりのオロフレ山(羅漢岩)だったが、雪は増えてない感じだった。yahooの週間天気予報を見ると、崩れそうもないので、来週も変わらずか?

| ホーム |


 ホーム