FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今年最後のオロフレ

2018年12月23日(日)

カルルス温泉駐車場の路面がガリガリのアイスバーンだったので、登別ルートもクラストしてるかな?と思い向かう。



2018-12-23_09-24-08.jpg
先週より雪が多かったので取付いてみたが、直ぐに足が取られるラッセルになったので止めて羅漢岩へ。

2018-12-23_10-01-26.jpg
トンネル覆道外の雪庇は、昨日か今日落ちた感じ。

2018-12-23_11-10-44.jpg
前岩

2018-12-23_12-09-42.jpg
C沢をラッセルして遊ぶ。雪壁が崩壊するだけでなかなか上がれない小さな滝。

2018-12-23_12-35-42.jpg
今年2月に付けた羅漢岩出合のテープが3m上にある。春までに帳尻が合う積雪量になると思う。



さて年明けからはどのような行動ができるのか・・・・・。

下山訓練

2018年12月16日(日)

今日はは気温が高めのようです。



2018-12-16_09-12-18.jpg
登別ルートの沢は雪が詰まっていない。(第4覆道の上で工事をしています)

2018-12-16_09-27-16.jpg
耳岩がスッキリと見える。(羅漢岩出合より)

2018-12-16_10-10-48.jpg
前岩(2ピッチ35mのルート)

2018-12-16_10-39-08.jpg
前岩取付きで左足の状態を確認。筋肉はまだ右足に追いついていないが、左足の方が強くなったような?

2018-12-16_10-55-46A.jpg
ふとP2方面を見ると弱点をついたルートが取れそうな感じ。

2018-12-16_11-50-06.jpg
P2が正面に見えるところまで、前岩からC沢方面に行く。(途中にある人幅のルンゼ25m)

2018-12-16_11-58-12.jpg
無雪期にザレが壁になったような所で止めたルートがある。(雪が着けばと・・・)


先週1003Pから夏道の下山で、ガッツリつんのめってしまい、紙一重でこめかみを強打するところだった。夏はストック1本を利用してるが、冬はストックを使ったことがなかった。(昔はスキー使用時以外、ストックは使わなかった)今日からバランス保持のため、購入したストック2本を携行。
ヘルメット

今日もリハビリ登山

2018年12月09日(日)

さて今日はどんな具合で登れるのか? というより下りでどうなのか? が問題。


先週と同じく展望台のリッジへ。(青・今日)

       今日の様相           先週

2018-12-09_10-08-12.jpg
登り終わって展望台から下を見る。写真だと沢底が上に見える。

2018-12-09_10-08-20.jpg
左を見れば荒涼とした展望台(登山口)

2018-12-09_10-47-10.jpg
夏道を新雪の軽いラッセルで羅漢岩に来ると、B沢左を登り終えたくったらさんパーティ。

2018-12-09_11-18-36A.jpg
小岩峰で頂上に向ったくったらさんパーティと別れ、私は下山。

2018-12-09_12-20-42.jpg
先週と同じく展望台から旧道(ショートカット)経由でトンネルへ。

2018-12-09_12-55-46.jpg
朝は見えなかった羅漢岩の視界が回復していた。



気を抜いた前向き下りは“アカン!”という日だった。

展望台散歩

2018年12月02日(日)

今日は何処に入るか?決めないまま峠に向う。



2018-12-02_08-38-30-60.jpg
白く輝く本峰が鮮やか。

2018-12-02_09-10-38-50.jpg
トンネル入口から見る展望台の斜面も鮮やかで、登りたくなる。

2018-12-02_09-31-24.jpg
ゲートから15~20cmのラッセルで100mほど歩いたが気が変わりトンネルに戻る。




        ルート           展望台直下

2018-12-02_11-02-18.jpg
展望台(登山口)

2018-12-02_11-49-38.jpg
膝ラッセルで夏道を登り、羅漢岩入口まで来て引き返す。

2018-12-02_12-58-08-50.jpg
帰路は展望台から旧道を下り、適当な斜面から取付き点に戻り、羅漢岩出合に。



展望台斜面のリッジはザレが凍っており、ほとんどアイゼンのツァッケだけで登る。
左足首に負担はなかったが、急斜面にフラットに置く時が難儀。
アイゼンを付けての夏道の下りは、ひねりが掛るとちょっと厳しい感じだった。

| ホーム |


 ホーム