FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ14年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

残雪期のオロフレ山

2020年4月19日(日)

先日まで週末の天気予報で雨マークが混じっていたが、今日になると晴れマークに変っていた。


2020-04-19_08-39-54.jpg
羅漢岩が黒々としてきた。

2020-04-19_10-52-52.jpg
登別ルートから入り頂上。

2020-04-19_12-05-58.jpg
帰路は羅漢岩稜線を取り、1003Pから最短の斜面を下り展望台(登山口)へ。

2020-04-19_12-22-54.jpg
廃道からは羅漢岩の向こうにある頂上が見えないので、小さな尾根に上がって写真を撮る。

2020-04-19_13-04-28.jpg
小さな尾根から

2020-04-19_13-20-46.jpg
展望台(登山口)の下から。(三つのリッジは初冬にザレが凍り、うっすら雪が積もると、アイゼンワークが出来る)


来馬岳でクマの足跡が頻繁らしいが、オロフレではその気配が無い。標高的に食べるものが無いからと思われる。


新雪が眩しいオロフレ山

2020年4月12日(日)

天気予報で深夜に雪マークがあったのでどうかな?と思いながら壮瞥ルートに向かう。


2020-04-12_08-35-56.jpg
本峰の白が映える。

2020-04-12_09-38-24.jpg
尻制動跡の部分が登り易い。(平坦に見えるが雪玉が転がる程の斜度がある)

2020-04-12_10-05-58.jpg
頂上稜線・1062P・小岩峰尾根・羅漢岩稜線

2020-04-12_12-12-10.jpg
ピンボケの頂上。

2020-04-12_13-00-48.jpg
帰路、小岩峰尾根から振り返る。

2020-04-12_13-42-36.jpg
下山は登別ルートを取り、トンネル経由で壮瞥側駐車場公園。


深夜に降ってくれたおかげで、雪の白さが眩しかった。

南東の風雪強し

2020年4月5日(日)

今日はEルンゼ。

2020-04-05_08-36-16.jpg
今日の天気は私好みの適度な荒天。

2020-04-05_09-14-10.jpg
羅漢岩の全景も無し。

2020-04-05_09-20-04.jpg
Eルンゼ出合。年によってはこの末端がデブリで埋まってる場合がある。

2020-04-05_09-27-52.jpg
天気が良くても悪くても景色のないルンゼ

2020-04-05_09-38-36.jpg
こんな小さな破断でも持って行かれたら致命的。

2020-04-05_10-03-04.jpg
緩斜面に出て高度差200MのEルンゼ終了。

2020-04-05_11-06-58.jpg
オロフレ山に来た初心者が難儀する場所は、夏道が露出してきた。

2020-04-05_11-28-00.jpg
南東からの風雪が強い頂上。



稜線に出てからは視界のない中、風雪に顔を背けながら、ただ黙々と登るだけだった。意外とこんなのが好みの私ではある。


| ホーム |


 ホーム