FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

夏も一服の来馬岳  7月20日(日)

昨日の天気は良かったのですが、この一週間、スッキリと晴れません。

今日もガスの中を早朝、来馬岳に向かいます。





DSCF0049.JPGゲレンデ内は視界が50mから100m。

先週頃から、場所によって登山道に草が覆いかぶさっているため、朝露で下半身がビッショリ濡れます。

なので、今日は最初からカッパの下を穿いて登ります。












DSCF0049.JPG頂上は視界が100m未満。

三角点柱石に腰を下ろし一休みです。


















サンカヨウの実は、先週アップした来馬岳で一番大きいのに変化はありませんが、その他は一週間で濃い青紫色に変わっていました。
実を一個、食べてみると 苦!!でした。(甘いらしいのですが早かった?)
シラネアオイの実は段々、膨らんできています。

    来馬岳で一番大きい          もう少しで食べ頃?     はちきれそう(中身は?)




来馬岳の5合目から頂上までの登山道は、地元山岳会でシーズン初めに草刈整備をしてくれます。

しかし、夏場になるとイタドリなどが覆いかぶさり、朝露でびしょ濡れになるため、今日は鎌を持って刈り掃いながら登りました。

誰のためでなく、来週登る自分のためですが、以外に刈り掃う草木の種類に気を使うものです。


<< 霧雨の早朝、入山時16℃の来馬岳  7月27日(日) | ホーム | 夏です!!来馬岳  7月13日(日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム