FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

霧雨の早朝、入山時16℃の来馬岳  7月27日(日)

昨日は夏らしい天気になりましたが、今日は朝からパッとしない霧の中を来馬岳に向かいます。




DSCF0049.JPG頂上は視界100m未満です。

登山中、林から雨垂れの音が降雨のように聞こえてきましたが、実際は霧雨、小雨と云うところです。

登山道に被さっている草木で、下半身が濡れるのは防げませんが、上半身までは嫌なので先週に引き続き雨具の下を穿き、高く被さっているウド、イタドリを刈り掃いながら登ってきました。








来馬岳で一番大きい実をつけているサンカヨウは、一週間で濃い青紫色に変わっています。

その他の実は素人考えながら、完熟に近いと思います。

シラネアオイの実は、先週から変化ありませんでした。








オレンジ色の実を付けた高さ50cmほどの木が一ヶ所だけ、馬の背北側斜面入口に目立つようにあります。

先週気づかなかったので、この一週間で成長したものと思われます。










DSCF0049.JPG先週、今週とリフト降り場の板敷きは、雨で濡れています。

晴れていれば気持ち良くラジオ聞きながら、ごろ寝出来るのになあ~ と思いながらの下山です。















サンカヨウの実を一株から1~2個平均で採って来ました。

味は先週と違い、薄口の甘さがあります。

一粒に7個の種が入っています。

花びらも実も一株平均7枚(個)が多いので関連ありそうです。










今日は霧雨、小雨なので大きく濡れることは無いのですが、木立からの雨垂れが降り注ぐため、傘を差しての登山でした。

夏場は軽量の折り畳み傘を、ザックのポケットに常時入れてあります。

行動中の雨具着用は面倒なもので、着ると止み、脱ぐと降ることも多く、ザックを濡らさないためにも傘を利用しています。

-----

昼頃から市街地は青空が広がってきました。

昨日に比べ暑さは無く、そよ風が気持ち良い感じです。

自宅そばから見えるオロフレ山は雲の中ですが、来馬岳は青空の中、頂上のみ薄い雲がかかっています。



<< 低気圧のはざ間に来馬岳  8月3日(日) | ホーム | 夏も一服の来馬岳  7月20日(日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム