FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

登山日和の来馬岳  8月17日(日)


ここ一週間は、雨と曇りの天気でしたが、昨日から晴れて、今日は絶好の登山日和です。

いつものように早朝では宿命の、登山道に被さった草木の朝露(夜露?)に濡れながら登ります。





DSCF0049.JPG今日は空気が澄んでいるので、普段見られない、遠くの山並みが望めます。




















頂上直下からの遠望です。

樽前山の奥に夕張岳(直線で約110km)

海岸線の奥に日高山脈と幌尻岳(直線で約130km)

幌尻岳の右延長線上100km先が、山脈末端の襟裳岬になります。




※距離は私の個人的推測です。




実が1~2個だけ残っているサンカヨウ数株も、来週までに落ちていることでしょう。。

来週からシラネアオイの実の集中観察になると思います。













今週もリフト降り場の板敷きの上でゴロン。

北京五輪の女子マラソンを聞きながら、一時間余りを過ごした後の下山でした。


<< 夏、終わりの来馬岳  8月24日(日) | ホーム | 久し振りの快晴・来馬岳  8月10日(日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム