FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

天気は悪いが暖かい来馬岳  9月7日(日)


今日の天気は午後から回復見込みです。

朝のガスがかかっている中、来馬岳に向かいます。




DSCF0049.JPG先週まで草ボウボウだったゲレンデ(登山道含む)が綺麗に刈り取られていました。

スキーシーズンに向けて草刈作業が始まったようです。
























DSCF0049.JPG頂上手前3mくらいからのアングルです。

三角点の杭が大きく見えますが実際はリンク先ぐらいです。

















DSCF0049.JPGカラスシキミの実が1個だけ、3週間前から頑張って残っています。



















5合目~9合目まで立派な標識があり、そばに昔の木版標識がそれぞれ高い場所にあります。

6号目も高さ3m50cmにあり、どう見ても冬季に据付されたものと思います。

考えると、来馬岳の登山道が出来たのはいつ頃なのかよく分かりません。

30年以上前、冬に来馬岳からオロフレ峠に抜けた記憶はありますが、夏は登山対象の山だったのか?です。

オロフレ山には登山道があったと思いますが、昔に登った記憶はありません。(羅漢岩にはせっせと通っていましたが・・・)

冬はオロフレ峠に至る道路は季間全面通行止めで、カルルスからスキーで登るしか無かった時代でした。




9月に入ってから天気は悪いのですが気温は高めで、8月後半のほうが寒暖のメリハリがあったような気がします。

来馬岳の短時間登山で身体もナマッていると思うので、そろそろ冬の準備としてブログ掲題にある時々ハードなウォーキングを予定しています。


<< 42.7kmのウォーキング  9月13日(土) | ホーム | 8月最後の来馬岳  8月31日(日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム