FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ14年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

一週間で秋の気温の来馬岳  9月28日(日)


一週間前までは中途半端な暑さが残っていましたが、ここ一週間で空気がキリッと変化しました。

旭岳、利尻山は24日に初冠雪となり、南に位置する羊蹄山も、同日、例年よりかなり早く初冠雪です。




DSCF0049.JPGスキーコース終了5合目から頂上まで登山道沿いの笹が刈り取られていました。
地元山岳会が春と合わせ、秋も登山道整備を行ったようです。

頂上は草葉の枯れが目立ってきましたが、木々の葉はまだ緑色です。
ただ、ナナカマドは葉が落ち、実も落ちているほうが多いようです。

山全体の紅葉は10月半ば過ぎなので、メリハリのある天候、気温が続いてくれればと期待します。





今週も変色もせず、しっかりと落ちないで残っていました。

もう、2ヶ月以上も経つのに本当に偉いもんです。














今日の入山時気温は6時過ぎで6℃でした。

日中は市街地で15~6度まで上がったと思いますが、早朝登山の私としては体感的に一番適した気候かと思います。








自宅近くを流れる来馬川に例年より早くサケが遡上して来ました。

川幅10mに満たず、水深も浅いため70~80cmの一匹は背びれが見えています。

遡上する数は少ないのですが、年末まで順に登ってきて、順にブナ色から白くなって自然に帰ってゆきます。








<< 来馬岳からオロフレ山  10月5日(日) | ホーム | 秋が少し遠い来馬岳  9月21日(日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム