FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今年最後の来馬岳  11月3日(月)


11月2日

昨日、いつものように来馬岳に入りましたが、雨のため途中下山でした。



DSCF0049.JPG電光掲示板も冬モードになってきました。

私の車はまだ夏タイヤですが、そろそろスタッドレスタイヤに履き替える時期が来たようです。
















DSCF0049.JPG登り始めは小雨なので傘を差しながら登ってきましたが、第一リフト降り場に来ると急に雨が強くなってきました。

雨に濡れた手はかなり冷たさを感じ、風も少し出てきたので、横殴りの雨が嫌いな私は下山です。















早朝は雨でしたが、午後から青空が広がり良い天気。

初冬(晩秋)によくあることで、毎年今頃、変わりやすい天気に惑わされます。





11月3日

今日も天気はパッとせず雨模様。天気予報もコロコロ修正を繰り返している状況です。

自宅から雨具の上下を着てカルルスに向かいます。

いつもより遅い9時、傘を差しながら登りますが、昨日とは逆に第一リフト降り場付近で雨が止みました。




DSCF0049.JPG9合目近くに来るとザラメ状の雪が少し残っていました。

市街地が雨でも山は雪やみぞれになっているようです。

















DSCF0049.JPG
視界はありませんが、明るく感じるので天気は回復基調です。



















下山時、第一リフト降り場の板敷きに寄るとキリギリスが一匹。

そっと触っても足を少し動かすだけで、文字通り「虫の息」状態です。

そういえば今年は市街地や山でも蝉の声を一度も聞かなかったような気がします。

ゲレンデに沢山いるはずのバッタ類も昨年に比べかなり少なかったし、8月、9月の逆転したような天候に左右されたのかも知れません。





オロフレ山上空が明るくなり、左下の陰った羅漢岩に陽が差し、白茶色っぽい岩壁がサアーっと浮き上がりました。















来馬岳は今日で終了。次に行くのは荒天でオロフレ山に入れなかった時だけです。

オロフレ山の峠展望台(登山口)へのゲートは明日で締まる予定なので、登山者はほとんど来ない季節になります。

来週から約半年振りの冬季オロフレ山が始まりますが、昨年は11月4日で、頂上には2~3cmの積雪がありました。

例年通りの天候が通用しなくなった昨今ですが、今シーズンのオロフレ山はやさしく迎えてくれるかな・・・。


<< 冬季オロフレ山の始まりです  11月9日(日) | ホーム | 今日は山行中止です >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム