FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

冬季オロフレ山の始まりです  11月9日(日)


昨日、全道を通り過ぎた低気圧の影響で、下からは見えませんがオロフレ山も白くなっているはずです。

道央圏に遅れること1ヶ月、ようやく冬山の始まりになりました。





DSCF0049.JPG11月4日に展望台ゲートが締まったので、2.5kmの道路歩きから始まります。

入山時の気温は7時過ぎで-2℃。
キリッと空気が引き締まって良い感じです。

歩きやすいサラサラの乾雪の上にルートを取って歩きます。












DSCF0049.JPG展望台(登山口)は相変わらず強風で雪が飛ばされた景色です。




















まだ夏道が残っていますが1ヶ月も経つと急斜面となり、オロフレ山で唯一気を使う箇所になります。














うっすら雪化粧の山頂です。

高さ1m30cmの鉄のポールにベルグラが張り付いています。

頂上まで夏道の積雪は深くても足首ぐらい。雪質が良いのでスタンスも取りやすく、登りやすい状況と云えます。

逆に下山時は岩に薄く着いた雪で滑らないよう気をつけて下ります。






帰路、展望台からゲートまで舗装上の雪が融け始めており、靴の裏にダンゴとなってくっ付く、歩きとなりました。

今日は入山者に会わなかったので当然、車は私の1台だけです。

展望台ゲートが締まると、冬山モードと往復5kmの道路歩きとのためか、入山者が全くいなくなります。











カルルスゲートも11月26日に時間通行規制に入り、早朝に入山できるのはあと2回だけです。

それ以後は、雪が増えるほどラッセルで時間的余裕が無くなり、夏道ルートから頂上へ行ける回数が少なくなります。(逆に積雪量が多いと登別ルートに早く入れます)

明日からの週間天気予報は晴れマークが続き気温も高めなので、来週のオロフレ山は雪が増えているかな?・・です。




<< 雪が消えたのでカテゴリは無雪期オロフレ山です  11月16日(日) | ホーム | 今年最後の来馬岳  11月3日(月) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム