FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

トレースのおかげで頂上へ  11月30日(日)-5℃→-8℃


今週は先週と似通った天気です。

何日か晴れが続いた後、昨晩から夜半まで強い雨が降っていました。

先週、山はドンと雪が積ってラッセルに苦しみましたが、今日は?と思いながら車を走らせます。





9時5分前にゲートが開いたので峠へ。

来春まで週一の9時出勤が続くことになります。












こちらは来春まで開かずの展望台ゲートです。

車が何度か行ったり来たりしている跡が残っています。

先週に比べ雪は増えておらず、新雪がサラッと乗っているだけです。









この展望台まで、先週の私のラッセル上に、昨日と思われる入山者(2人?)のトレースが見え隠れしながら残っており、圧雪されている上に乗るとスノーシューは埋まりませんでした。

先週、私が撤退した場所より上にトレースが伸びていれば嬉しいな、と思いながらU字状に掘り込まれた夏道に入ります。








ここ頂上稜線下のコルで、休憩(行動食)を取ります。(11時57分)

このピークに三角鉄板岩があり、その上の3つか4つのコブを越えて頂上があります。

トレースは頂上まで行ってるようで、ここまでも深いラッセルに苦しむ事無く、心の中で「ありがとうございます」・・でした。







頂上は積雪60cm。

一瞬、青空が出ましたが下山まで天気は悪く、いつものように風が頬を刺します。

とは言っても、厳冬期のような厳しさはまだありません。












昨日と思われる入山者のトレースを利用でき、頂上まで行くことが出来ました。

昨日は快晴模様だったので、良い登山日和だった事でしょう!



今日は下山時刻15時で-8℃です。

やはり14時を過ぎると気温が下がってくるのが行動中、体感されます。

明日に向け天気予報が上り坂だったので頂上に行きましたが、下り坂だったら時間的に撤退しているはずです。

時間に追われる夏道ルートですが、来週は好天を期待して・・・



<< 好条件でなければなかなか・・・  12月7日(日)-10℃→-9℃ | ホーム | ラッセル深しオロフレ山  11月23日(日)-5℃→-5℃ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム