FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

好条件でなければなかなか・・・  12月7日(日)-10℃→-9℃


昨日から寒気が入って急にシバレがきつくなりましたが、朝起きると雪のほうは1cmほどサラッと積っているだけです。

山で1cmという事はありえないので、新雪ラッセルだと頂上は無理かなと思いながら車を走らせます。




カルルス温泉近くになると青空も見えてきましたが、オロフレ山は相変わらず雲の中です。

左の来馬岳スキー場はもう少し積らないとオープン出来ないように見えます。










ゲートから展望台まで、道路を3分の2来た所で振り返って撮影。

10cmのラッセルで2.5kmを1時間くらいの予定で歩いています。










いつものキレット手前ですが、積雪量が週ごとに増えています。

夏道は先週よりも木々が覆いかぶさっている場所が多く、腰をかがめて通るため、負担もきつくなってきました。









小岩峰下からの斜面トラバース中です。

夏道は既に埋まっており、まだ見える潅木も埋まると雪崩の危険があります。

その頃には左上の尾根のブッシュが埋まりクラストしているのでそちらにルートを変えます。








ケルンの高さ80cmほど。

風が強い場所なのでシーズンを通して全部が埋まる事はありません。

現在、12時03分。ここで撤退です。












登山口からの夏道は10~30cmのラッセルがあり、やはり頂上は無理でした。

夏道と潅木帯が埋まり、ウィンドクラストして最短ルートが取れ、好天になれば、という時期に入っています。

そうするうちにドカ雪が降り、登別ルートに取り付くことができる。というのが毎年のことではあります。


<< 無風・晴れ・頂上へ 12月14日(日)-7℃→-7℃ | ホーム | トレースのおかげで頂上へ  11月30日(日)-5℃→-8℃ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム