FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

荒れるとの予報の前に  1月18日(日)?→-3℃


今週は大雪も無く穏やかな一週間でしたが、今日の天気は夕方近く、西の方から雨を伴って崩れるとの予報が出ています。

朝、家を出るときはその兆候も無く晴れており、どうにか天気が持ってくれることを祈りながらカルルスゲートに向かいます。




いきなり頂上で、積雪70cm。

直径5cmほどの鉄パイプにベルグラがこのように大きく張り付いているのを始めて見ます。

登別ルート出合いから稜線までの登りは、2時間のラッセルを要した先週と違い、クラストしている部分が多く、半分の1時間。

この一週間、風が弱かったのか小岩峰基部から頂上まで、ウインドクラストというより好天で自然に締まった雪面です。




三角鉄板岩の下部を登った跡です。

平らに見えるのは撮り方が下手なためで、急傾斜のこの岩場は雪の着き方が薄く、踏み外すことが多い場所です。











小岩峰基部まで下山して振り返ったところです。

頂上稜線中間部を登っている時、右の1062ピーク上に単独登山者が見えました。

朝、カルルスゲートから先頭で走っていた車が大曲で停車したので、その登山者と思われます。

ただ、時刻が12時近くであり、下山終了時刻を考えると、初見ならば頂上をあきらめたほうが・・・。

結果的に引き返していました。



小岩峰基部を下りて振り返ったところ。

ラッセル跡の左の線は、下りで右手に持ったピッケルの跡です。

疲れてくる頃なので、意思なく引きずってしまいます。









稜線から出合いに向け、下りかけたところで振り返って。
















今日は天気が持った上に、ほとんど無風状態で、下山時、西日が正面から暖かく春のようでした。

帰路、いつものように温泉に入り終わり外に出た時には、濃い灰色の空から雪が降っていたので、天気予報は当たったようです。

登り3時間、下り2時間の私的標準タイム。

登山ガイドで紹介されているオロフレ山の冬季ルートは、大曲コースだけのようです。

スキーを前提にしているルートなので入った事はありませんが、雪が締まる春先に一度登ってみるつもりです。




<< 天気が良くても足元が・・・ 1月25日(日)-10℃→-7℃ | ホーム | 今年初めてのオロフレ山 1月12日(月)-6℃→-6℃ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム