FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

天気が良くても足元が・・・ 1月25日(日)-10℃→-7℃


厳寒期のこの時期ですが、週半ばに春先のような陽気になり、雨が降りました。

しかし、昨日から寒気が入り込み、今朝はいつもの真冬に戻っています。

今時期珍しい気象の変化が、山ではどうなのか?と考えながらオロフレ山に向かいます。






登別ルートの出合から稜線までの新雪の量は10cmから30cm。

取り付いて10mほど登ったあたりから、ピッケルの石突きが5cmより深く刺さりません。

暖気から寒気の影響でアイスバーンになっています。。

吹き溜まりの登りははラッセル。上部の斜度がある新雪10cm未満の登りは、スノーシューの爪を利かせながら直上です。

トラバースなど、不可能な状態です。

オロフレ山の喬木帯では考えられませんが、他の山では表層雪崩の条件が揃っています。



1062ピークからの稜線ですが、見えるのは頂上ではなく、その上3個のピークを経て頂上があります。

始めて登る人には疲れさせるようですが、今日などは稜線上がほとんどクラストしており、快適な登りです。

いつものようにここで行動食を取り、一休みしてから頂上に向かいます。






三角鉄板岩の下部です。(下山時に撮影)

先週と同じように雪の着きかたが少ないので悪戦苦闘。

右に行ったり、左に行ったりの後、スノーシューの爪をアイゼン代わりに強引に。

正面は垂直2m。







頂上が見えてきました。

ウインドクラストした部分を、埋まる事なく登ってゆきます。

1062ピークからは青空も広がって風も弱いので寒さを感じません。









右手奥にある頂上の看板標識は埋まっています。














頂上で一番高い場所はここで、ポールの左奥になります。

夏場は笹と潅木が茂っているところで、今は北西の風で雪が積み上がり、オロフレ山の頂点になっています。












今日は帰路、稜線から出合までの下りで、多少の危険を感じました。

登りで直上を強いられた付近の下りで、スノーシューの爪が利かず、クライムダウン状態で下降。

新雪が10~20cmの所でスノーシューのまま、腰を下ろして滑り降りたら尻制動になってしまい止まらず、うつ伏せに反転し、ピッケルのピックを使って制動。(滑落停止体勢)

冬のオロフレ山で、アイゼン代わりにしていたスノーシューが役に立たない日でした。

最近の温暖化の条件下では、セオリーが通用しないという事を認識させられた一日でもありました。




<< 頂上手前150mで引き返す  2月1日(日)-9℃→? | ホーム | 荒れるとの予報の前に  1月18日(日)?→-3℃ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム