FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

頂上手前150mで引き返す  2月1日(日)-9℃→?


時間的に先週と同じペースで登っていましたが、携帯に急用の連絡が入ったため即下山しました。




この一週間、新雪がほとんど降っていないため、先週と同じようなアイスバーン状態は変わりありません。

今日は取り付きから5分ほどのところで、スノーシューからさっさとアイゼンに履き替え登ります。









もう少しで稜線に抜けます。

取りつきからほとんど足首より埋まらない登りですが、斜面にフラットなアイゼンワークなので負荷も感じます。











視界が悪いため写真を取っていませんでしたが、この少し上で引き返したので、時間記録のため一応撮影(12:00)。
















小岩峰付近から北西の風がかなり強く、尾根で身体が振られる事も。

1062ピークへの登りはクラストした斜面を、アイゼンのツアッケを利かしながら快適。

頂上稜線も風が強いため、前を見るより足元を見ての登り。

しかし、アイゼン効果で先週と同じくらいの時間で頂上に立てたと思います。

今の時期にツボ足で登れるのは稀な事と思います。これも温暖化の影響でしょうか・・・。

厳冬期真っ盛りなのに2007年3月18日に似ている状況です。




<< ラッセル!ラッセル!の来馬岳 2月8日(日) | ホーム | 天気が良くても足元が・・・ 1月25日(日)-10℃→-7℃ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム