FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

景色は冬。空気は春のオロフレ山  3月29日(日)


昨日、友人からオロフレ山に連れてっての、Eメールが入りました。

以前から「時期を見て連絡くれればいつでもいいよ」と言っていたので本日同行です。

天気が午後から下降気味なので、頂上優先を考え登別ルートに向かいます。





カルルス温泉手前からのオロフレ山です。

先週、頂上稜線に見えた黒い部分(岩肌)が消えており、積雪があったようです。

羅漢岩各ルンゼも昨年同期に比べ、積雪が多い状況です。









急斜面を登る途中に見えた濃紺の青空も稜線に出ると、空には低い雲が西からふわふわと湧いてきます。

気温が高い上、スノーシューの爪も新雪に滑り、汗びっしょりの登りでした。











DSCF0049.JPG1062ピークで休憩と早めの昼食を取り、頂上への登高に入ります。

私の場合、頂上(休憩・昼食)という概念は基本的にありません。
















DSCF0049.JPG頂上の積雪は30cmで先週と変わりません。

太陽が天気予報どおり午後に隠れましたが、終始無風状態で視界はまあまあです。

カメラが趣味の彼に、道中を含め頂上でも思う存分撮ってもらい、下山は速やかに行います。














昨日の降雪で景色は冬に逆戻りですが、気温が高く(頂上0℃)、先週のアイゼンを利かせた快適なクラスト斜面は無しでした。

深いラッセルはありませんが、湿雪の重みを感じた登高で、着実に春に向かっている感じです。

来週以降、冬季オロフレ山のCloseまで、状況変化に対応しながらルートを選び、頂上に向かうことになります。



<< 春が2週間遅いオロフレ山  4月5日(日) | ホーム | 天気持ってくれー!!のオロフレ山  3月22日(日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム