FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今季初の(トンネル出口ルート) 2007年2月25日晴れ風無し-6°

このルートはトンネル入口ルートに比べ、羅漢岩稜線分だけ時間を要するため好天が約束される時のみ入ります。
(下山のエスケープに入口ルートを取ったことが一度あります。その時はトンネルを歩いて車の所まで戻ります)

取り付き直ぐの露岩周辺の沢が完全に埋まっておらず積雪の少なさがうかがえる。
つぼ足には少し早くスノーシューでは氷結した斜面のトラバースに力が要ります。

白黒の羅漢岩(壁)を見ながらのルートは何度見ても美しい。


P1062の肩にブロックを積んでテントを張った跡があった。
先週は無かったので先週出会ったボーダー二人組みか、平日に入山した人のものと思われる。

下山中も気温が高く気持ちが良い。

<< 三角鉄板岩で撤退(トンネル出口ルート) 2007年 3月 4日 | ホーム | 今季初めて人に出会う(トンネル入口ルート) 2007年 2月18日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム