FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

3週間ぶりのオロフレ山


今日の天気予報は曇り。本日を挟んだ前後1週間は晴れマークばかり。

「来馬岳北東面、オロフレ羅漢岩B沢左股の遠望が利き、気温が低ければどちらかに入ろうかな」と思い、日の出前に家を出る。

カルルス温泉で気温8℃。

来馬岳北東面は早々にあきらめ、トンネルで車を降り羅漢岩出合に上がってみたが、B沢中間部から上が見えず、こちらもあきらめる。

B沢は既に時期終了していたが、先日の季節外れの降雪に復活も有りか、で期待していた。



ということで、壮瞥ルートに入る。登別ルートもブッシュが目立ってきたが、まだ入れそう。




DSCF0049.JPG室蘭土現の建物横から入山。

気温7℃。視界50m。

くるぶし以下のツボ足で、斜面トラバースから緩やかな沢を登る。















DSCF0049.JPG沢から尾根に上がり、なだらかな斜面を少し行くと、目印にしている弓なりの木に出会う。

積雪の多い時期でも、R部分の高さ50cmほどは必ず出ている。















DSCF0049.JPGキレット(B沢左股抜け口)の手前。

この斜面下にある平坦な夏道も、積雪期に同ルートは急斜面トラバースになる。

右上から下ることも多いが、視界無し吹雪の時は振られるとキツイ。

今冬期はカチカチのアイスバーンになることが多かった。









DSCF0049.JPG羅漢岩稜線北斜面に続く夏道。

日当りの良いところはハッキリしているが、積雪の多い潅木帯斜面になり、目先の視界しか無いと、忠実に夏道を捉えることは出来ない。

今日も1062ピークの斜面で夏道をはずれ、少し上がったり下りたりしながらコルに着いた。

積雪がしっかりあると、ピークを経由できるので視界が50mもあれば問題ない。





頂上の視界30m。積雪は少し。右手の木板標識の下に地肌が見える。

残雪期になっても頂上の積雪は少なく、標高1000m以下に多い状況が今だ続いている。














今日は終始、視界30~50Mの小雨模様だったが、行動中に寒さは感じなかった。

来週以降、登別ルートはともあれ壮瞥ルートはまだ利用できそう。

それが終わると2.5kmの道路歩きを含む夏道ルート。

ゲート~展望台の積雪は昨年来確認していないが、例年より多いのは間違いないだろう。


<< 一気に融雪が進むオロフレ山  5月10日(日) | ホーム | 来馬岳北東面の偵察 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム