FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

オロフレ山と来馬岳と白根葵


金、土と雨が降り続いたので山の雪もかなり減った模様。

壮瞥ルートも先週で終わり、今日から夏道ルートのオロフレ山です。




DSCF0049.JPG展望台近くの一番日当りの悪い道路。

中央部は1m以上の残雪。

毎年、最後まで残っている場所で、ここの雪が消えればゲート開通になる。














DSCF0049.JPG展望台ですが、視界は何mと言えない状況。

3年前、視界無しで展望台に車を乗り入れ、道路に戻ろうとして苦労したことがある。

車をぶつけてしまった人もいるらしい。













DSCF0049.JPG時折青空も顔を出すが、風が強いため早々に折り返し、三角鉄板岩で休憩する。



















猩猩袴は展望台までの道路脇にも見られ、登山道沿いには昨年より多く見られる。

ただ、頂上稜線の猩猩袴は既に枯れていた。












白根葵が1003ピーク付近で一ヶ所だけ咲いていたがピンボケ。

これは隣にいたつぼみ。













DSCF0049.JPG帰路、展望台方面を振り返って撮った画像。

今日の時点で2.5kmの車道は大部分がこのような残雪状況。


















来馬岳入山


来馬岳の白根葵。

昨年もオロフレ山より早く咲いていた。

6合目からの、馬の瀬後半部から夏道に下りると数ヶ所で。










画像は下山時に撮った馬の背。

登りは左の斜面に平行している夏道を。

下りは雪の上を靴を滑らしながら6合目まで。











頂上に苫小牧から来た中高年5人グループ。

雪渓を登る私のキックステップに追いて来るため、8合目付近で夏道との合流点を教えてあげた。














よく考えると来馬岳で猩猩袴を見たことが無いような・・・。

隣接した山なのに不思議な気がします。


<< 今日は雨模様のため山行き中止 | ホーム | オロフレ山と来馬岳  5月17日(日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム