FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ひと月ぶりの山行き


週末(日曜日)に冷たい雨が一ヶ月も続くとは。

5月24日以来の山行きです。残雪期から春を飛び越え一気に夏山に。





展望台駐車場から羊蹄山方面。

晴天が続いているので日中には霞んでしまい、いつも見られない遠望が清々しい。












正面に樽前山、風不死岳。その間のずっと奥に夕張岳。右端奥に日高山脈。

日高山脈が見えるのは年に何回もない。












ケルン台地付近に桜がかろうじて咲いていた。
















シラネアオイはほとんど花が落ち実を付けていた。
しかし登山口から直ぐの所や、羅漢岩稜線の一部で変色ぎみがほんの少し。
この1ヶ月で一番最初に咲いたシラネアオイと、最後まで残ったシラネアオイを見ることが出来た。






来馬岳


5合目からの登山道沿いに何ヶ所か見えるサンカヨウは既に実が付いている。


今年は花が見られずじまいかと思っていたら・・・










ここ一ヶ所だけ見事に咲いていた。

昨年、一番大きい葉(直径30cm)があったところと同じ場所。

7枚くらいの花が普通だが、裏にある蕾も含めると20枚前後も。



シラネアオイはオロフレ山と同じく2、3ヶ所で薄く咲いているだけでほとんど実をつけていた。



現在、10時。

オロフレ山から見えていた日高山脈も気温上昇とともに霞んできた。







帰路、リフト降り場の板場でゴロンと一眠り(45分)してから登山口へ降りる。朝が早いと眠い。





ひと月ぶりの山はすっかり夏山。

オロフレ山は少し風もあり早朝なので涼しかったが、来馬岳は午前中とはいえ暑かった。

来週はもう7月。8月も一週を過ぎたら秋風も吹くだろうし、季節のサイクルが年々早く感じてしまう。


<< 健康のため今日もオロフレ、来馬へ | ホーム | たどり着いたらいつも雨降り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム