FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

健康のため今日もオロフレ、来馬へ


7月に入り天気もまずまず落ち着いてきた様子。

今日の時間予報は曇りマークが並んでおり雨の心配も無いようだ。




オロフレ山

DSCF0049.JPG展望台駐車場に着くと旭川ナンバーが一台。

今日の下山時刻は6時20分だったが、旭川ナンバーは静かなまま。寝坊してる模様。

先週の下山時刻6時40分頃には7、8台の車があったが今日は他に無し。





視界は50m未満。右上の登山口からいつものように入山。





陽が射さずガスっているので非常に涼しく微風が気持ち良い。

頂上パイプの下に咲く紫色の花は頂上稜線脇にたくさん咲いていた。

いつもブックマークの「オロフレ山に咲く高山植物」で対照するが名前が分らない。

今週になって咲き出した花を何種類か撮ったが皆ピンボケ。どうも近づき過ぎるようだ。





これが少しだけましに撮れた「赤物」という名の花。

羅漢岩稜線登山道脇に一ヶ所「踏まないでくれー!」という感じで咲いていた。

直径5mmもあったろうか?













来馬岳


今週の来馬岳は目立って咲く花も無く、先週咲いていたサンカヨウも今日は実に変わっていた。














DSCF0049.JPG頂上で東京から来たという中高年夫婦としばし会話。

東京から来て何故に来馬岳?・・人の多い山は敬遠しているとのこと。
オロフレ山も予定に無いらしい。

明日、徳舜瞥山を予定。

オロフレ山の右横に浮かぶ姿を見せてあげたかったが、雲が切れてくれなかった。












さて、警察庁から2008年度の山岳遭難の概況が発表されました。

遭難者は1,567人で中高年が81.1%  55歳以上が全遭難者の64%
死者・行方不明者281人で9割強が40歳以上の中高年。
単独登山者が増加。
長野、富山、北海道の順に多い。





オロフレ山と来馬岳にしか行かない私でもその狭いエリアで無理をする傾向があります。

一応、気持ちだけでも反省しなければ・・・。



<< 今日も涼しいうちにオロフレ山へ | ホーム | ひと月ぶりの山行き >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム