FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

3連休1日だけ晴れてくれました


土曜から日曜昼頃まで天気予報通りの雨。

月曜(本日)も雨だとガッカリの3連休だったが今日は晴れてくれそう。



オロフレ山

今日の夜明け前は三日月と明るい星が一つ。なかなか良い感じで目立っていた。

コンデジでただシャッターを押しただけのため、手ブレで二個づつになってしまった。

今日は快晴と思いながら札内高原に来て見ると、オロフレ山のみに雲が被っている。

「相変わらずだなぁ~お前は・・」と思いながらオロフレ峠に向かう。






入山時気温10℃。

霧雨と風が少しあり寒かったが、羅漢岩稜線に入ると涼しさに変わった。

頂上稜線に入ると晴れているので、オロフレ山の標高900m~1,100mだけに雲。ということになる。

正面向こうの樽前山を雲が巻き込みながら流れている。







先週一気に咲いていたヨツバシオガマ【四葉塩竃】に混じって、今週はハイオトギリ(這弟切)が登山道沿いに咲いていた。

      



今日の下山時刻は6時20分。

展望台駐車場から太平洋を望む。

札幌ナンバーの二人組が入山準備をしていた。














来馬岳

昨年7月6日と同じ場所にナデシコ科の「ダイアンサス」or「テルスター」と思われる園芸種が咲いている。

鳥が種を運んできて根付いてしまったようだ。












いつもの頂上。

天気が良いので今日もリフト降り場の板敷きの上で30分ほど寝てから下山。














来週であっという間に7月が終わってしまう。

昨年何度かあった風が無くぬるい雨の中の登山が今のところ一度もない。

6月から続いた週末の風、雨、低温が今夏の特徴となったまま秋に変わっていきそうです。



<< 夏の雨のオロフレ山と来馬岳 | ホーム | 今日も涼しいうちにオロフレ山へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム