FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

夏の雨のオロフレ山と来馬岳


昨日の夜は珍しく蒸し暑く感じられたので、多少雨が降っていても今日は入山と決めていた。

夜明け前のカルルス温泉近くの道路には、エゾ鹿、キタキツネ、テンなどが飛び出してくるので気を付けながら走る。




オロフレ山

頂上手前から下を見る

頂上周辺だけガスが無く、あまり絵にならない灰色一色の雲が、上と周りを囲んでいる。












チシマフウロ(千島風露)

何枚か撮ったがボケていなかったのはこれだけだった。












羅漢岩稜線に一ヶ所、低木に咲いていた花。調べてみたが名前は分からず。





羅漢岩稜線から頂上にかけ、登山道沿いには先週から引き続き、這弟切(ハイオトギリ)と四葉
塩竃(ヨツバシオガマ)のオンパレード。





下山した時の画像だが、入山時も同じように視界が悪く、頂上以外は霧に包まれていた。




入山時の気温17℃で無風。霧も暖かく感じた。












来馬岳

来馬岳頂上。

視界が無く背景も無いので、三角点の柱石に腰を下ろし横着な撮影。

登り始めて直ぐに弱めの雨が降ってきたため、傘を差しながら登った。

オロフレ山同様、風はまったく無かった。









来馬岳定番の山荷葉(サンカヨウ)左と白根葵(シラネアオイ)右の実が大きくなってきた。
登山道沿いにシラネアオイは多く見るが、サンカヨウは2、3ヶ所しかないので、実が黒くなって落ちるまで残っていて欲しい。







駐車場で犬の散歩中のホテルの方に出会った。ここ一週間くらい太陽を見ていないとこぼしていた。

今日は6月の1ヶ月間、山行中止にした(強風・雨・低温)とは違う、夏らしい雨の山行きだった。

今朝の北海道新聞に梅雨前線が異例の北上、太平洋高気圧が押し上げ。との見出し。

例年だとこの地域(太平洋側)はその中に入ることも多いが、内陸部(札幌方面)まで影響が及んでいるらしい。

海は夏が無く、山は短い夏で終わってしまいそう。
 



        

<< 今日も霧、雨のオロフレ山と来馬岳 | ホーム | 3連休1日だけ晴れてくれました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム