FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今日も霧、雨のオロフレ山と来馬岳


夜中に目が覚めた時、雨音は強く聞こえていた。

超早朝に目を覚ますと雨音は聞こえない。

天気は上向きか?と思いながら、いつもの装備の用意を経て車を出す。





オロフレ山

DSCF0049.JPG入山時気温14℃。

霧雨で風が強いため、カッパの上下を着て登る。

風で木立の水滴が飛んだため、上からバサバサと落ちる雨だれで濡れる事はない。

頂上に着いたところ雨粒が強くなってきた。











羅漢岩稜線から頂上稜線は、ヨツバシオガマ(四葉塩竃)が終了時期。その分も含めハイオトギリ(這弟切)がびっしり。


しかし頂上稜線は白いウメバチソウ(梅鉢草)が、黄色のハイオトギリソウに割って入るように増えてきた。

白い花が相変わらずうまく撮れない。(努力もしていないが・・)





先週、名前が分らなかったのは、コメツツジ(米躑躅)というツツジ科ツツジ属の半常緑低木だった。

先日NHKBSで、四国山地の自然番組をみていたら、突然似かよった花と名前が出てきた。

コメツツジで検索して結論を得ることが出来た。

北海道から九州にかけて分布し、山地の岩場などに生えるので珍しくはないようだ。




P1003から駐車場を見下ろす。

羅漢岩稜線付近まで下りると霧雨模様で風も治まってきた。

早朝、雨天の条件では、さすがにまだ登山者は入ってこない。









峠からカルルス温泉に下る道路で、物おじせず餌をねだって近づいてくる若いキタキツネ。

よくある光景だが、ほとんどの北海道民は餌をやらない。(慣れさせるとエキノコックス病が怖いから)

車の中からカメラを向けても逃げようとしない。

「人間をあてにするな!」と、1分くらい説教をしてやるが、「キツネの耳に念仏}でお座りしたまま動かない。

サヨナラを言って来馬岳に向かった。






来馬岳

既に秋の気配を感じさせるサンカヨウ。

実の少ないのは濃紺色になるのも完熟するのも早いようだ。













DSCF0049.JPG風は無かったが、雨は降ったり止んだり。

カッパの下を穿いたままカッパの上を着たり脱いだり。傘を差したり、閉じたり。を、繰り返しながら頂上へ。

先々週、半袖で登山道に被さった草を鎌で刈りながら登ったせいで、小さなダニに2ヶ所食いつかれて病院通いになった。

今日はその後、また伸びてきた草を傘で押し分けながら登った。










風が無いと雨も冷たく感じない。今日も夏雨の登山だった。

それが許されるのはもう少しの間。

さて、8月の天気はどうなんだろうか?週間予報は最近当たらない・・・。



<< 涼しい早朝のオロフレ山 | ホーム | 夏の雨のオロフレ山と来馬岳 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム