FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

積丹岳で雪崩遭難(トンネル入口ルート) 2007年3月18日

09時10分 トンネル入口ルート取り付き。
ケルン台地で撤退し、トンネル内駐車滞に到着12時00分。 

取り付きの沢、稜線分岐からのトラバース斜面でも積雪10~20cmの下は硬く氷結しており、ピッケルが刺さりにくい状態。
トラバースではステップを切って前進。
足元から軽く雪崩も発生。
ケルン台地は氷結面を強風で振られながら歩く。

アイゼン無しでは危険と判断して撤退。


帰宅すると積丹岳でスノーモービル団体が雪崩で4人死亡の報道。
全道的に暖気が続き雪面が融けここ2.3日の寒波で凍り、積もった新雪が表層雪崩になった模様。
規模は違いますがオロフレでも同じ悪条件が発生していたと思われます。
オロフレでアイゼンを着ける必要条件が揃った日でした。(通常は下山時引っ掛け転倒と、ダンゴになるほうが危険なため使用しません)

いつもは時間記録のためポイントで携帯写真を取りますが今回は保存がありません。
画像は2004年3月22日の頂上です。   

<< アイゼン着用(トンネル出口ルート) 2007年3月21日 | ホーム | 三角鉄板岩で撤退(トンネル出口ルート) 2007年 3月 4日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム