FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

陽が射さなきゃ寒いオロフレ山


今日の天気予報は晴天だったが、朝起きて外に出ると星が全然見えない。

車を走らせ、札内高原から見る来馬岳、オロフレ山は黒いシルエットがハッキリしている。

天気予報は外れたようで、高曇りの一日になりそうだ。



オロフレ山

画像では晴天に見えるが高い薄曇で、朝焼けが天気の下り坂を予兆している。

入山時気温7℃(下山時気温8℃)

展望台(登山口)は風が強く肌寒い。










頂上から西の方角にある洞爺湖がすごく近くに見える。

寒いので写真を撮って即下山。(晴れていてもそうだが)











旧三角鉄板岩の斜面に、白の梅鉢草、黄色の深山秋麒麟草、青の蝦夷御山竜胆。

この3種は頂上稜線の登山道沿いに競争しながら咲いている。













来馬岳

早朝のオロフレ山は終始肌寒く感じたが、午前の来馬岳はさすがに暖かく感じる。




今日も第一リフト降り場で、一眠りしてから下山。








白いツルアジサイは散ってしまったが、青いエゾアジサイは真っ盛り。

来馬岳で咲いているのはエゾアジサイぐらい。
それも一ヶ所。

オロフレ山のすぐそばにありながら地味な山である。











第一リフト降り場で3組6人、登山口で単独者にも会った。

入山者ノートを見ると、寝ている最中にも一組が登って行ったようだ。

夏が終わり涼しい秋が来ると登山者も多くなるようだ。





<< 先週より少し暖かいオロフレ山と来馬岳 | ホーム | 爽やかなオロフレ山と来馬岳 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム