FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ14年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

紅葉真っ盛りのカルルス温泉周辺


今日の天気予報は晴れを望めない不安定な感じ・・

雨は降っていないが、濡れた路面を走ってオロフレに向かう。




オロフレ山

登山口から頂上までずーっとガスの中で、霧雨が衣服を湿らせる程度。


しかし、下山に入り出すとポツポツ始まったので、標準装備の傘を取り出し差しながら下る。

時折強い雨で下半身は濡れるが、気もなるほどではない。



今日は気温が高めで入山時7℃、下山時8℃だった。


葉が落ちると、木々の隙間から視界が広がる。

直ぐ下の駐車場(登山口)が見通せるようになった。

先週まで、私の下山時刻頃に登り始める人は何人かいたが、今日は車が無いのでいないようだ。







帰路、壮瞥側から見るオロフレ山の上が晴れてきた。

どうやら、下山中だけ雨雲にスッポリ包まれていたようだ。














来馬岳

先週と同じアングルで、カルルスゲート付近から。(正面の来馬岳は雲の中)

紅葉真っ盛り!












スキーコース下部を登る。

対面の加車山(898m)の紅葉も真っ盛り。













頂上の木々の葉は、既に落ちきっている。

標高100、200変わると風景が全然違ってくる。













カルルス温泉周辺は近年になく鮮やかに紅葉している。

















紅葉も今週で終わり、来週から晩秋に入る。そして山は雪を待つだけになる。


そろそろ人間(私)の身体も、徐々に低温に慣らしていかなければ・・・。



<< オロフレも来馬も雲の中 | ホーム | 初雪のオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム