FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

オロフレも来馬も雲の中


夜明け前、峠に向かうとオロフレトンネルを境に登別側は快晴。壮瞥側は雲(ガス)の中。

よって、展望台駐車場(登山口)は視界20mくらい。

今日の天気予報は雲マークが無く、周辺全域、快晴模様のはずだが??

天候回復を期待して入山。気温3℃。





オロフレ山

頂上までずっとガスの中の登高。



行動中、草木の葉に着いた水滴が身体を濡らすが、空気に夏のような湿気感が無いのが晩秋らしい。









下山に入ると風が強くなり、ガスの流れが忙しくなる。




羅漢岩の下部から、壁を垂直に吹き上がってくるガスのスピードに圧倒される。











来馬岳

来馬岳も晴れる気配がないまま頂上に。




下山途中、珍しく馬の背で20代の娘さん方5名と相対する。

「若いのに偉いねぇ~!」と声を掛ける。







先週、紅葉真っ盛りだったカルルス温泉周辺は葉も落ち、ほぼ終了。

画像は登別大橋渓谷。あと2、3日というところ。

正面に来馬岳。













山は紅葉が終わり、木々の葉が落ち、荒涼感が漂う時期になってきた。

11月に入ると展望台ゲートが閉じ、続いてカルルス温泉ゲートが指定時間閉鎖になる。


そうすると今年も文字通り、オロフレ山Onlyの季節到来となる。






<< 雪でなく雨模様なので中止 | ホーム | 紅葉真っ盛りのカルルス温泉周辺 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム