FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

12月の雨と雪


昨日(土曜)は夕方から就寝するまで、雨を伴った強風が吹き荒れていた。

普通なら山には雪がドサッと積っている筈。ただ気温が高いので?



雨が上がった今朝は暖かい。






入山時気温1℃  下山時気温-3℃

展望台ゲート前は、水分をたっぷり含んだ30cmの積雪。

以前の積雪に、どっしり乗っかた分の除雪に15分。



重い雪で、山へ入る前に息切れがしてしまう。







歩き出すとみぞれ状の細かい粒が降ってくる。

風が無く暖かいので、中から汗をかき、外から濡れるパターン。

ゴアのウェアは水を弾くが、ただ濡れながら2.5kmの平坦な道路を歩くのは馬鹿らしい。

そうなる事を予想して持ってきた傘を開く。冬山で傘を差すのはおそらく私ぐらいだろう。(夏、秋でも私以外見たこと無いが・・。)




羅漢岩稜線の平坦な夏道は、一部であるが斜面トラバースの道に変わっている。

来年に入るとこの辺りの潅木帯は埋まって、右上の稜線に沿って行く事になる。(毎年同じことを書いてる気がするがご勘弁を)










小岩峰基部着。11時55分。

下山に2時間かかるため、ここで撤退。

暖かかったのは展望台までの道路歩きだけで、登山口に入ると風を伴った細かい雪が、北風と供に吹き付けてくる。

気温が下がり始め、水滴が付いていた腕周りもゴワゴワと凍り出した。






登山口まで下りて来たが、足跡は既に埋まっている。


1003ピーク付近の尾根からの下りで、ちょっと手前を間違えて下りてしまった。

10mくらいだったが、ズボズボと埋まるのでおかしいと気付いた。


風があると浅いトレースは帰りに消えているので、今時期はボヤッと出来ない。



車はバリバリ凍っていた。


















明日から気温が下がるので、昨日の湿った雪と今日から降っている乾雪が層になりそうだ。

春先に多い寒暖の差が、初冬に来たというところか。


オロフレに通いだした頃、アイゼンの必要性を感じなかったが、3年前より年々使用回数が増えている。(寒暖の差による斜面のアイスバーン率が多くなっているため。来馬岳も含めて)





<< 例年並みの積雪になったオロフレ山 | ホーム | 今日から冬時間のオロフレ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム