FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

例年並みの積雪になったオロフレ山


昨日(土曜)は、先週と似たような天気で昼頃まで雨が降り続いていた。

ただ風を伴っていなかったので山の荒れ模様はどの程度?


そして今日。峠に向かって標高を上げていくほどに、除雪された雪がブロックの塊になって道路両脇に跳ねられている。





入山時気温-5℃  下山時気温-7℃

展望台ゲート前は案の定、どっしり重たい60cmの積雪。

積った後、気温が下がったので先週とは違い水分無くカチンカチン。

アルミのスコップも歯が立たず駐車スペースの除雪は不可能。

室蘭土現は絶対に除雪をしない。

例年、自衛隊さんが雪上訓練要のため機械で除雪してくれる頃だが、今年はまだのようだ。



1077峰に入る「くったらさん」が来ていたので、ゲートからここ取り付き点まで10分ぐらい同行。




道路歩きは全くラッセル無し。乾雪のドカ雪と湿雪のドカ雪でこうも違うものか。







登山口からの夏道はすっかり埋まっている。


潅木帯の隙間を縫うようにあっち行ったりこっち行ったりしながら登る。


右手の斜面はまだ笹薮周りがズボッと埋まる。(来週以降はOKだろう)







1062ピーク下のケルン。

これだけ埋まっているのも珍しい。今年は強風で雪が飛ばされていないようだ。(雪質が重たかったため?)













羅漢岩稜線斜面、小岩峰斜面、1062ピークの捲き道など、L字型に掘らさった夏道はすべてトラバース斜面に様変わり。

固い圧雪の上、ワカントラバースのため足首にかなり負担を感じた。



頂上稜線下の1062ピークコルまで登って時刻は11時50分。

頂上方面はゴーゴーという風のうなりが凄い。

晴れていれば突っ込むところだが、頂上に行ったとして下山終了時刻は多分日没16時頃になるだろう。



ゆえにここで撤退。  (下山予定時刻:14時頃)




帰路、吹雪に煙る羅漢岩。

厳冬の厳しさを見せている。




こういう姿が見れるからオロフレ山に通っているのかもしれない。







予定通り、下山時刻14時。


車は初めて幹線道路に駐車した。

吹雪くと通行に支障が出るかも知れないのであまり良い事ではないが・・・。













この1週間で昨年同時期より積雪量が多くなった。


本当は寒暖でバランス悪く積るのでは無く、乾雪が圧雪を繰り返しながら増えていって欲しかったのだが・・・。




<< 夏道は頂上遠し | ホーム | 12月の雨と雪 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム