FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

夏道は頂上遠し


この一週間、一気に冷え込んだ。(全国的に)

ただ積雪量に於いて、この地域の平地では多くもなく平年並みと思う。



さて、先日来不調だったコンデジが寿命のため新しいのを購入。

前のは9年ほど使用したが、ここ何年かの山での酷使に耐えられなかったようだ。


今日撮った写真は何故か紫色になってしまい、取説をしっかり読まなければ・・・





8時56分:カルルスゲートを一番で入り峠に向かう。














入山時気温-9℃  下山時気温-9℃

先週60cm以上あった展望台ゲート前は、自衛隊さんの除雪が行われていた。


そして地元山岳会の車が7~8台。
知った顔がちらほら。

1077峰方面に入るとのこと。

20~30cmの新雪が積っているので、スキーには絶好の条件。





道路歩きをしているとき、遠くからエンジン音が聞こえていた。



展望台に着くと、山に響き渡るごう音と共にスノーモービルが3台。



どうせなら朝一番で入ってくれれば、20cm以上のラッセルをせずに済んだのに。




展望台(登山口)周辺がクラストしていたので、夏道に入らず右斜面を直上したら、直ぐに笹薮ラッセルになってしまった。

画像に見えるのは小岩峰。

夏道を行かず右手のクラストしている羅漢岩稜線に上がったら、ハイ松帯に掴まってしまった。

今年はウインドクラストの発達が遅れているようだ。オロフレ特有の強風が少ないということか。

この場所から小岩峰まで、夏の登山道なら5分くらいのところ、30分かかってしまった。


小岩峰基部:12時05分。



ここで撤退。



足を捕られて苦労した展望台までのラッセル跡を忠実に辿り下山。






展望台からゲート前まで、スノーモービルで圧雪された道をテクテク戻ってきた。




誰もいない「祭りの後の静けさ」のような車デポ地着:14時16分。











夏道ルートの場合、引き返し点時刻を12時前後に設定している。

到達点は状況によって小岩峰、ケルン台、1062ピークコルと、それぞれ毎週違う。

夏と違い、冬のオロフレ山に飽きが来ない理由がここにあるのかも知れない。


夏道ルートで頂上に行けるのは年内1~2回くらいが平均なので、登別ルートに入れる年明けにならないと頂上は無理だろう。






<< 今冬2度目の頂上 | ホーム | 例年並みの積雪になったオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム