FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

2010年”初オロフレ山


平地は年末から荒れた天気が続いていたが、最近は落ち着いている。

今時期としては積雪が多い状況。


山も多いかな?と思いながら2010年初のオロフレ山に向かう。





入山時気温-8℃ 下山時気温-7℃ 頂上気温-10℃

登別ルートから稜線に上がったところ。


ここまで1時間ちょっと。


パウダーの新雪ラッセル(平均膝くらい)









小岩峰尾根を下り終え、雪原から1062Pに上がる。



潅木帯はほぼ埋まっている。2週間前は木々の隙間を縫うように登っていた。









頂上ひとつ手前のライン。

風が弱いため新雪がそのまま積ったような山容。

見た目は良いが、ラッセルを強いられるだけである。

あそこを越え、10分で頂上。







頂上のパイプを目安とした積雪は80cm。


パイプ周辺だけがくぼ地のようになっており、頂上全体の積雪は実質100cmくらい。











小岩峰を側面から。

往路のラッセル跡は地吹雪で消えかかっている。












登別ルート出合で工事が始まっていた。

工事看板には雪崩防止柵工事と書いてあった。















冬山が始まってから感じていたが、今期はオロフレ山特有の強風の日が少ないようだ。

今日はラッセル95%、クラスト雪面5%。

来週以降もラッセル、ラッセルのオロフレ山になりそうだ。







DSCF0049.JPG
ドイツ映画祭2008...Nordwand「ノース・フェイス アイガー北壁」


3月20日以降主要都市で順次公開
(札幌以外は無理かな?)


“Trailer” をクリックで予告編




ドイツ映画らしい重厚な感じだが、はたして・・・。







<< オロフレ山にいつもの頂上が無い! | ホーム | 今冬2度目の頂上 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム