FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

オロフレ山にいつもの頂上が無い!


平地では小刻みに雪が増えており、冷え込みも厳しい日が続いている。

今日の天気は午前中晴れマークで、昼から悪そうだが大きく崩れることはなさそう。

山の天気は今日荒天であっても明日にかけて上り坂(気象用語に無い)だと精神的に楽。
逆に今日好天であっても明日にかけて下り坂だと不安要素となる。

アクシデントが有った場合を想定するからであるが。






入山時気温-10℃  下山時気温-9℃  頂上気温-12℃

登別ルートの取り付きから稜線に出るまでキツイ膝ラッセル。

先週のパウダーほどではないが、少しは軽いので助かる。


頂上だけ相変わらずいつものように雲を呼び込んでいる。







今日は唯一、ここ(小岩峰手前)とケルン平付近と頂上手前だけがクラスト。



先週の登りと下りの足跡が象足となって残っている。

特に風の強い場所なのでたまに見られる。




が、頂上では全く逆の現象が起きていた。









頂上稜線下部の急斜面で、久し振りに胸ラッセル。膝で雪を落としながら地道に這い上って登る。


オロフレ山頂上で見たことのない景色!

高みを目安に頂上に来たので、左側の雪稜に上がってから頂上でない事に気付く。

ピッケルを刺した場所辺りにある筈の頂上パイプ(1.3m)が見当たらない。


先週、頂上パイプの周り以外が盛り上がっていた。
この一週間で適度な風と多量の雪が北西側を一気に押し上げたようだ。






初めて見る頂上の変容に驚いた。

昨年は標高1000付近で積雪が多く、頂上は風で飛ばされて少なかった。

今年は上も下も積雪量が多く、毎週書いているようにオロフレ山特有の強風が吹いていない。





<< いつもの頂上に戻ったオロフレ山 | ホーム | 2010年”初オロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム