FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

いつもの頂上に戻ったオロフレ山


荒れることも無く穏やかな一週間。

カルルス温泉に向かう道路沿いも雪はそれほど増えていない。

風無く晴れであれば壮瞥ルートも考えたが、風が有り天気もめまぐるしいので登別ルートにする。



新しく購入したコンデジの利用が下手なため良い写真が撮れない。

暫くの間、枚数は少なめにアップです。





入山時気温-7℃ 下山時気温-7℃ 頂上気温-10℃

ルート取り付きから下部斜面2/3は圧雪クラストで、埋まっても足首ほど。

上部は膝ラッセルになったが雪に粘りがあるので足と取られること無く登り易い。

稜線手前の一瞬の青空はすぐ消える。


平地からオロフレ山を見れば、1000mから上は雲の中のいつもの遠景だろう。





小岩峰尾根辺りから風が強く、ケルン平も風に振られながら歩いた。

ただ吹き溜まり以外は圧雪クラストで、1062Pへの斜面も先週のようなラッセルは無い。

ここ1062Pの肩で風をよけながらいつものように行動食を摂り、頂上へのエネルギーにする。







1062Pコルで強烈な北西風を受け、頂上稜線は顔をそむけながらの登高になった。

頬と鼻の一部が2、3日したら薄くむけるパターン。


そして頂上に来てビックリ!

先週と打って変わり、いつもの平らなオロフレ山頂上に戻っていた。

3mほどの高さがあった雪稜は吹き飛び、頂上パイプが復活していた。

積雪は110cm。風の威力は怖ろしい!





今日は膝ラッセル20%、圧雪クラスト70%、アイスバーン10%。

やはり風が吹いてくれないと毎週のラッセルはきつい。

先週に比べ45分早く下山できた。

雪が頃良く締まって来たので来週から壮瞥ルートに入れそうだが、2月の間は晴天が約束されないと頂上は厳しいので、さてどうなるか?



<< 今期初めての壮瞥ルート | ホーム | オロフレ山にいつもの頂上が無い! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム