FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今期初めての壮瞥ルート


今日の天気予報は日中晴れて気温が上がり夕方から崩れる模様。



入山時気温-3℃  下山時気温-2℃  頂上気温-4℃

札内高原から見るオロフレ山は珍しく雲が掛かっていない。


新雪もそれほど積ってなさそう。


今期初めての壮瞥ルートに入る予定。








壮瞥ルート出合から20cm程度のラッセル1時間で1003Pに上がる。

東壁の頭に黒い物が見える。あんな所に太い木があったかな?と思ったら動いたので人と分かる。

運転免許証は眼鏡使用だが、目はそれほど悪くないので山でメガネをかけることは無い。

後で聞くと登別ルートから登り、高い位置から写真を撮っていたとのこと。




ズームで撮ったのを家で見ると、結構ハッキリ写っているものだと感心。














小岩峰辺りから昨日と思われるスキーのトレースが見え隠れしていた。



頂上稜線から見下ろすと斜面に遊んだ跡がくっきり。

丁度、あのあたりでスキーを脱ぎツボ足で登ったようだ。






順光なのに何故か真っ白。

先行者は近郊の方で写真撮影から山に向かうようになったらしい。

私のブログを参考に登別ルートから入ったとのこと。

今後も写真目的でオロフレ山に来るというので偵察を兼ね、帰路のルートを壮瞥側に取る事を勧める。

壮瞥側の私の車でトンネル内の登別側駐車帯まで送る。





1月最後の厳寒期がこんなに暖かいとは!

帰路、標高1000m以下の斜面の下りは、重ための春に近い雪質だった。

平地では最近、一日毎の寒暖の差が極端だが、山はそうでもなくアイスバーンの箇所が例年より少ない。

コンデジはいつもなら家に帰っても冷えたまま結露状態で濡れているが今日は乾いていた。



<< オロフレ峠通行止め→来馬岳 | ホーム | いつもの頂上に戻ったオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム