FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

オロフレ山は早すぎる春模様


平地では週半ばの夜に強い雨。そして昨日は快晴。

カチカチのアイスバーンになっていれば登りやすくて嬉しいな!である。

しかし、市街地から見る三角錐のオロフレ山に黒い部分が見える。(雪が融けたかな・・)



今日の朝は灰色の雲空模様。放射冷却成らずでカキーンとした冷え込みも無い。

ただ晴れて気温が上がり午後の下山時、グサグサの雪になるよりましかな、とも考える。





壮瞥ルートから入ると適度なクラスト。

ラッセルで苦しんだ先週と打って変わり、雪斜面の締り具合は春そのもので、圧雪になっていた。

尾根に出るまで昨日?と思われるスノーシュー跡をワカンで踏みながら登る。








木の廻りにこの融雪が現われると春が来てしまったか、である。














壁の雪も、雨と晴天で落ちてしまったようだ。















東壁の頭に着き先を見れば、5人パーティが小岩峰の肩を歩いている。

朝、カルルス温泉ゲートから先行していた車2台が、トンネル内駐帯に停まろうとしていたので、登別ルートから入ったようだ。










小岩峰を登って遊んでいる。

近年出会う、ストックを持ったオロフレ山登山者と違い、アイゼンとピッケル装備の5人パーティ。

小岩峰まで行って会話をすると、私が20代から30過ぎまで10年ほど在籍した山岳会の方たちだった。

私が会を離れてからの人達で、知っている人はいなかったが懐かしい想いが沸き起こる。


「どうしてストックじゃないの」「滑ったら止められないから」・・・さすが、私の所属した山岳会!


頂上稜線に入った所でワカンキックステップで対応できずアイゼンを履く。

しかし、一部の尾根は岩肌が現われアイゼンでガリッガリッ。こういうパターンは初めてのような気がする。



まるで3月末の様相。






昨日、市街地から撮ったオロフレ山と来馬岳。

ズームしているので本当はもっと遠くに見える。

上の画像の、稜線の黒い岩肌部分は赤線のあたりになる。









頂上だけが視界無し。ただ、風が無いので寒さを感じず厳冬期(2月末までを基準)らしさも無い。

多分、下から見ると頂上のみに雲が掛かっていると思う。(オロフレ山特有)

下山に入ると曇り空ながら視界は有るし、出合に下りた頃には青空も見えてきた。










2月末の雨とともに一気に融雪が進んだようだ。

ただ頂上の雪は風に吹き飛ばされていないため、頂上パイプ(130cm)が見えないほどに多い。

来週から、今年は早めの積雪期登山になりそうだ。




<< 風が無いと春の陽射しのオロフレ山 | ホーム | 晴天!ラッセルのオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム