FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

風が無いと春の陽射しのオロフレ山


今週、平地で水曜日30cm、金曜日20cmの積雪。

今日はラッセル間違いなしと思われるため登別ルートへ。






先週、山岳会の人達がアイゼンで登った取り付きから稜線乗っ越しまでの斜面が、今日は膝ラッセル。



しかし先々週のように股下まで埋まらないので少しは楽な気分。








いつものように1062Pで休憩してから頂上稜線へ。

画像はオロフレ山で一番先に雪解けが始まる三角鉄板岩下部。

先週、全身スッポリ背の丈ほどの踏み抜き跡を頂上近くで見ていたため、今日は慎重に行動。

徹底してピッケルを刺し確認しながら登ったので踏み抜きは頂上まで“0”




頂上?・・・では無い。















頂上?・・・では無い。















頂上?・・・では無い。















頂上です。




オロフレ山に初めて登る人は疲れるだろうなと思う。









今日も頂上の鉄パイプ(130cm)を探したが見当たらず。














帰路、小岩峰尾根に戻る場所で振り返り、1062P直上のトレースを見る。


今日は終始ワカンを履いての登高だったが、頂上稜線の一部3mくらいの登りでキックが利かずアイゼンが必要だった。(面倒なので履かなかった)

おのずと帰路、クライムダウンを余儀なくされたが、ピッケルの食い込みが身体のバランスと安心感を与えてくれた。















今日は入山時-8℃、下山時-3℃だったが、風が途切れた日中の陽射しは暖かく、顔が雪焼けしたようでヒリヒリしていた。


来週はアイゼンでカリッカリッと登れることを期待!




<< 久し振り、厳冬期並のオロフレ山 | ホーム | オロフレ山は早すぎる春模様 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム