FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

久し振り、厳冬期並のオロフレ山


朝起きて外を見ると吹雪いている!

天気予報は午後前から晴れマークが付いているのでいつものようにオロフレへ。

家を出てからオロフレトンネルまで吹雪模様。




トンネル内駐車帯に車を置いて登別ルート出合へ。

このカメラ特有の“白飛び”で、吹雪の外は光っているだけ。











沢に入ると風が弱まり視界も出てくる。 ただその分、飛ばない雪が積っており膝下くらいのラッセル。

稜線までの斜面は一部を除いてどこを登っても良いが、一番気に入っているラインの目印のアーチ。









1062Pの肩にワカンをデポし、アイゼンを履いて頂上稜線に向かう。

頂上へはクラストしている部分をなるべく選んで登るが、目先の視界が利かないためうまくは行かない。










頂上はまったく視界無し。なので足元を撮影。

登別ルートを上がった稜線で、大曲方面からのスキー跡があった。

小岩峰の肩でスキーからアイゼンに変わり、頂上まで延びていた。

今朝、カルルスゲートの少し上で、スキーの2人組が車道を滑り降りて来たので、彼らの跡か?

時間的に考えると昨日オロフレ山に入り、今朝頂上を往復し下りてきたようだ。





今日は小岩峰から頂上の間は、強風に吹かれながらの登高だった。

気温も入山時-9℃、下山時-6℃で真冬並みだったが、3月半ばのせいか緊張感は無かった。






オロフレ山から見るクッタラ湖


     2月21日:1062Pの肩から         3月7日:頂上から(全面結氷では無いらしい)


2月28日、3月14日(今日)は視界悪く展望利かず。

今年行ってみたいと思っていたが、来年かな?



<< あれ!で来馬岳へ | ホーム | 風が無いと春の陽射しのオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム