FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

例年になくまだ雪を楽しめそう!


昨日の夕方、羅漢岩(カルルス温泉ゲートからの遠望)と来馬岳山麓の残雪状況を偵察に行った。

一昨年3/29にB沢左股、昨年4/12にA沢を登っているが、その時期より4月末の今のほうが多いとは。

来馬岳も残雪多く、山麓やスキーコース共に地肌がまだ出ていない。

南西向きの羅漢岩は通行時間規制が解除になった後、早朝に入ったほうがリスクは少ないと思われる。

逆に来馬岳北東面沢は、アプローチとなる沢の遡行が残雪多いと容易になる。


ということで、来馬岳登山口に5時30分着。
しかしポツポツの雨が徐々にフロントガラスをたたき出す。
30分ほど待機したが上がりそうも無いので自宅に引き返す。

先日、録画しておいた谷川岳三スラ登攀を再び見ていたら、外が明るくなり雨が上がってきた。
来馬岳は時間的に無理なので、ゲート開門(9時)に合わせ、急いでカルルス温泉に向かう。


オロフレトンネルに近づくにつれ、道路わきに新雪がうっすら積っている。




昨日撮ったカルルス温泉ゲートからの遠望。














今日は頂上には行かず、羅漢岩の偵察を兼ねてA沢に入る。

取付きのすぐ上に薄いデブリが見られたが問題なさそう。

沢沿いに登ったつもりが、つららが下がっている岩壁を見ると洞窟になっている。

あれ!昨年は確か左側に見えたはず。そばに行ってみると右手がルートだった。

左手の沢の方が緩やかなので、自然にそちらに向かっていた。


沢をトラバースしている時、刺したピッケルに手応えが無い。

削ってみると1m深さの小さなシュルンドだった。

踏み込んでいたらドキッとしていたかも。









下からずーっと軟雪ラッセルだったが、中間部から程よいクラスト。

画像ほど実際は斜度は無い。











稜線に上がるが視界は悪く、結果下山するまで50~80m。


A沢は斜度が緩いので、アイスバーンでない限り、下降ルートとして使えそう。

しかし、他に下降ルートして考えていた斜面を下ってみる。






B沢下部の偵察。


4月4日、B沢左股にまったく無かったデブリが2ヶ所、視界の範囲内で見られる。


同じくC沢からのデブリも潅木帯の中まで落ちてきている。






トンネル風除帯の雪庇も、本当に今年は息が長い。













先週登ったEルンゼの取付きにデブリが発生していた。


デブリの上の大岩(先週の画像の岩)まで上がってみるが、視界が無いのでどこから発生したのか分らない。




















通行規制解除が4月27日予定なので、次回からは早朝入山できる。

朝一番だけで良いから、放射冷却でガシッと締まった雪面を登りたい。




<< 通行時間規制解除  5時50分入山 | ホーム | 羅漢岩Eルンゼ(仮称) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム