FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

来馬岳北東面沢Aルンゼ



この一週間で遠くに見える山々には、黒っぽい部分が見え出した。

今日は時期的に最終チャンスと思う来馬岳北東面沢に向かう。





サンライバスキー場もさすがに一気に雪解けが進んだ。



北東面沢はコース右手から林道に入る。









早朝(5時25分入山)の林の中を歩くことはめったに無いが、なかなか清々しいものだ。


気温は3℃で寒さも感じなく、今のところつぼ足でも埋まらない。









30分ぐらいで林道から離れ、渓流沿いがルートとなる。

昨年は右に行ったり左の尾根に登ったり、ルートファインディングに時間を取られたが、今年は右岸を忠実に進む。


早朝とはいえ雪に締まりは無く、時々膝くらいまで埋まってしまう。

この辺りからワカンを履いた。



昨年付けて置いた赤テープを目印に、沢から離れる。



ここまで1時間30分。









Bルンゼ取り付き。


赤テープからここまでは、なだらかなうねりのある雪面を進み、Bルンゼ取り付きに下りる。


隣のC沢には昨年ほどのデブリは見られない。



ここまで2時間30分。


昨年登ったスッキリしたBルンゼを直登したいが、途中から一番長いAルンゼに方向を変える。




画像は09年4月29日撮影を使用







今年はBもAもルンゼの中央が滑り台のように凹んでいる。

何か大きな岩が転がり落ちた跡のような感じである。

これはオロフレ山方面から双眼鏡で覗いたとき、一筋の線になって見えていた。







中間地点から下を見る。

画像で見ると傾斜がわかりにくいが、ここで尻餅を付いて滑ると恐い。











終了点の稜線へ。














稜線からAルンゼを見下ろす。

レート全体で表面氷結した所はなく、5cmから20cmのザラメ雪。

ザラメの下に固い層があり、二回くらい蹴り込まないと足元が不安定な斜面だった。

そして、やはり潅木が多くスッキリしないルートだった。

ゆっくりゆっくりで、一時間の登り。



2月6日~7日の強風で飛んだと思われる頂上看板は、新しくなっていつ復活するのかな?













下山時刻10時30分。

カルルスゲートからの羅漢岩遠望。

オロフレ山本体は最後まで姿を現してくれなかった。












さすがにこの一週間で山の雪解けが一気に進んだ。

来週からのオロフレ山は融雪状況によってどこから入るか?です。






<< 積雪期も終盤のオロフレ山 | ホーム | 通行時間規制解除  5時50分入山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム